ヴァイオリン協奏曲 (シェーンベルク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴァイオリン協奏曲作品36は、アルノルト・シェーンベルクアメリカ時代に作曲したヴァイオリン協奏曲調性音楽として書かれた『弦楽のための組曲ト長調』(1934年)に続く渡米後の第2作で、1934年から1936年にかけて作曲されたが、この作品は厳格な十二音技法によって書かれている。

初演は1940年12月6日、現代音楽を得意とするルイス・クラスナーベルクヴァイオリン協奏曲の初演者として知られる)のヴァイオリン独奏、ストコフスキー指揮のフィラデルフィア管弦楽団によって行われた。出版はG・シャーマー社から。ヴェーベルンに献呈されている。

楽器編成[編集]

独奏ヴァイオリン、フルート3(ピッコロ1持ち替え)、オーボエ3、E♭管クラリネット、A管クラリネットバス・クラリネットファゴット4、ホルン4、トランペット3、トロンボーン3、チューバティンパニ大太鼓小太鼓タンブリンタムタムシンバルグロッケンシュピール弦五部

演奏時間[編集]

約38分(各約14分、10分、14分)。

構成[編集]

古典的な急 - 緩 - 急の3楽章で構成されている。

  • 第1楽章 ポーコ・アレグロ - ポーコ・メーノ・アレグロ - ヴィヴァーチェ・マ・ノン・トロッポ
  • 第2楽章 アンダンテ・グラツィオーソ
  • 第3楽章 フィナーレ アレグロ

その他[編集]

この曲の初演は当初ヤッシャ・ハイフェッツに依頼されていたが、ハイフェッツは熟考の末に断わり、総譜をシェーンベルクに送り返した。この曲についてハイフェッツは「研究するだけ無駄だった」「6本の指が必要」と言ったと伝えられている。ただし、後の回顧録には断ったことを後悔していたという記述もある。

参考文献[編集]

  • 作曲家別名曲解説ライブラリー16 新ウィーン楽派 (音楽之友社