ルイス・クラスナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルイス・クラスナーLouis Krasner, 1903年[1]6月21日 - 1995年5月4日[2][3]は、ウクライナ生まれのアメリカのヴァイオリニスト

ウクライナチェルカスィに生まれるも、5歳のときに一家ともども渡米した。9歳からヴァイオリンを始め、ニューイングランド音楽院でユージン・グリュンバーグに師事。1920年ごろから現代音楽のヴァイオリニストとして頭角を現し、アルバン・ベルクアルノルト・シェーンベルクヴァイオリン協奏曲を初演して名を上げた。1944年から1949年までミネアポリス交響楽団コンサートマスターを務め、その後は1972年までシラキューズ大学で教鞭をとり、それ以後は母校で教鞭をとった。ボストンで死去。

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]
  3. ^ [3]