ローモンド湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索


ローモンド湖
View of loch lomond.JPG
所在地 スコットランド
面積 71 km2
周囲長 - km
最大水深 190 m
平均水深 37 m
貯水量 2.6 km3
水面の標高 7.9 m
成因 -
淡水・汽水 淡水
湖沼型 -
透明度 - m
テンプレートを表示

ローモンド湖Loch Lomond, スコットランド・ゲール語Loch Laomainn)は、スコットランドロウランド西部、ハイランド南部に位置する湖。

概要[編集]

湖上の島

かつてのスターリングシャーとダンバートンシャーの境界線であり、現在の行政区画スターリングアーガイル・ビュートウェスト・ダンバートンシャーが湖に接し、南岸はグラスゴーから23キロ北に位置する。

この淡水湖は長さ39キロ、幅が8キロである。表面積は全てのスコットランドの湖沼のうち最大で、貯水量はグレートブリテン島ネス湖に次いで2位である(イギリス最大の湖は北アイルランドネイ湖)。湖は国定公園の一部となっている。

標高974メートルの山ベン・ローモンドが東岸にそびえる。

湖上には小島が浮かぶ。最大の島はインチマーリン(イギリスの湖中島で最大)。テイ湖のように、先史時代に作られた人工島がいくつかある。

現在、湖は南西岸にあるロッホ・ローモンド・ゴルフ・クラブで有名である。スコティッシュ・オープンなどの国際大会の会場となっている。湖岸の町バロッホからクルーズを楽しむこともできる。

1976年1月、ローモンド湖はラムサール条約登録地となった。

民謡[編集]

Loch Lomond from just below Beinn Dubh and Creag an t-Seilich

湖は、1841年頃に初めて発表された歌謡『ボニー・バンクス・オー・ロッホ・ローモンド』(Loch Lomond)で知られる。[1] 歌詞は以下の通りである。

Oh, ye'll tak' the high road, and I'll tak' the low road,
And I'll be in Scotland afore ye;
But me and my true love will never meet again
On the bonnie, bonnie banks o' Loch Lomond.

歌は何年も多くの演奏者に録音されてきた。原作者は不明で、つくったのは敵に捕まって死を待つスコットランド兵が書いたものだと広く信じられてきた。彼はこの歌を故郷への最後の手紙として書き、美しい故郷をどれほど恋しく思っているかを描いた。別の話では、1745年のジャコバイト反乱でイングランド軍に捕らえられたスコットランド兵が、釈放されてスコットランドへ戻る道すがらにこの歌を書いたという。"low road"とは、誰かがふるさとで亡くなると、妖精たちが彼の魂を家に戻すために地下にトンネルを掘るというケルトの伝承を表している。

参照[編集]

  1. ^ James J. Fuld, The Book of World-Famous Music: Classical, Popular and Folk, p. 336.


外部リンク[編集]