ロータリー車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロータリー車(ロータリーしゃ)とは、回転式の羽根を用いる除雪用の車両。道路用と鉄道車両に区分して解説する。英語ではSnow blowerと言い、文字通り雪を吹き飛ばす車両である。 古い車両では大型のブロワーが前面に露出しており、これで直接雪を掻き込んで吹き飛ばす物が多かった(蒸気機関の時代の車両の写真がロータリー車にある)。また、動力源の都合から大型の車両が主であった。近年では、ブロワーの前にロールバーを設置し、これによって雪を砕きつつ掻き込み、ブロワーで吹き飛ばす形態の物が主となっている。旧来の方式では雪が十分に掻き込まれないまま前方に押し固められてしまい、作業が進行できなくなるケースがあったためである。また、ウニモグの除雪車仕様の様に進行方向と垂直な方向に軸を持つローターにより掻き寄せ羽とブロワーを兼ねるタイプも存在する。

道路用[編集]

大型の除雪車は建機メーカーが、小型の除雪機は、ホンダヤマハなどのオートバイメーカー(積雪地の二輪車販売店における冬期の取扱商品としての面がある)や一部の農機メーカー(ヤンマーなど)、重機メーカーなどが製造しており、さまざまなバリエーションが存在する。価格は10万円台のものもあり、雪国の歩道や生活道路の利便性の向上に一役買っている。

鉄道車両[編集]

ロータリー雪かき車国鉄DD14形 DD14 1 ロータリー機構部。手前にあるものは掻き寄せ羽であり、ブロワーは奥に見える
ロータリー雪かき車
国鉄DD14形 DD14 1
ロータリー機構部。手前にあるものは掻き寄せ羽であり、ブロワーは奥に見える

鉄道では、積雪を掻き崩したり、ラッセル車等により側方に押し固めた雪の壁を自らの前の翼(またはかつてはマックレー車)でいったん掻き寄せて回転羽根で遠方に投雪する。

かつては単独の車両(日本では貨車の分類となる)で、機関車の推進を受けるものが基本であったが、1960年以降、ディーゼル機関車と一体となり、また幅の広い集雪ブレードを持ち、単独で除雪作業を行える形態となった。ただし、維持コストが高い上、夏期の活用が難しいため、現在は、小形の軌道モーターカーにロータリー除雪装置を取り付けたもの(車両でなく機械扱い)が主流となっている。

関連項目[編集]