ローガン山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローガン
ローガン
標高 5,959 m
所在地 カナダユーコン準州
位置 北緯60度34分2秒
西経140度24分10秒
山系 セントエリアス山脈
初登頂 A.H.マッカーシーら(1925年
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

ローガン山(Mount Logan)またはローガンは、ユーコン準州にあるカナダの最高峰であり、またデナリ(マッキンリー)に次ぎ、北アメリカ大陸で二番目に高い山である。標高は5,959 m。世界で最も大きな山麓を持つといわれており、しかもその山麓は全て広大な氷河に覆われている。この特殊な立地条件のために、道路から見ることができず、ローガン山を見る為には、航空機を利用しての遊覧飛行する必要がある。

名称[編集]

カナダの地理学者であり同時にカナダ地質調査部(Geological Survey of Canada)の設立者でもあるウィリアム・エドモンド・ローガン卿にちなみ、命名された。

特徴[編集]

ローガン山はユーコン準州の南西部、クルアニ国立公園・保護区内に位置する。ローガン山上および周辺部は極寒である。標高5,000mを超える峰の上では、気温は冬季で約-45℃、夏季で0℃付近であり、年間平均気温は約-27℃である。カナダ最高峰として登山家の目標となっているローガン山だが、気候的に非常に厳しい地区であり、1991年には南極を除く場所で最も寒い、マイナス77.5度を記録した。

地形[編集]

ローガンは5,000m以上の頂を11個持つ。また、ハバード氷河およびローガン氷河の源でもある。ローガンの標高は5,959mだが、造山活動が現在も続いており、今でも標高が徐々にではあるが高くなっている。現在は1992年に観測登山隊が測量した標高が公式の標高となる。

登頂歴[編集]

1925年6月23日、アルバート・H・マッカーシーを隊長とするカナダ・イギリスアメリカの登山家からなる国際登山隊が初めて登頂に成功した。

2010年5月7日、岡田康横山勝丘が南東壁を初登し、ルートを「糸I-TO」と命名。

関連項目[編集]