ロルカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
'Lorca'

Bandera de Lorca - Flag of Lorca.png   Escudo de lorca.jpg

Lorca-Castillo.jpg
ムルシア州
ムルシア県
面積 1,676km²
標高 353m
人口 89,606人(2007年)
人口密度 479.51人/km²
Lorca.png

北緯37度41分0秒 西経1度42分00秒 / 北緯37.68333度 西経1.70000度 / 37.68333; -1.70000

ロルカLorca)は、スペイン南東部、ムルシア州の都市。州都ムルシアの南西、約60kmの距離にある。

歴史[編集]

ロルカ周辺には、既に青銅器時代から人が定住していた(エル・アルハル文化)。古代ローマ時代はエリオクロカ(Eliocroca)、ムーア人支配時代にはルーカ(Lurka)と呼ばれていた。市内の旧市街は、アラブ支配の名残の狭い通りと小路が続いている。

レコンキスタ時代、ロルカは、カスティーリャ王国グラナダ王国との境に近接した危険な国境の町だった。市の要塞の名残をとどめる四角い塔が、町の多くの場所から見られる。アルフォンシーナ塔は、カスティーリャ王アルフォンソ10世にちなんで名付けられた。

2011年5月11日、現地時間の17時5分と18時47分にマグニチュード5.1と4.6の直下型地震スペイン南部地震、震源からわずか6km、深さはわずか1km)が発生し、9名が死亡した。また、市内のさまざまな建物に被害が発生している[1]

みどころ[編集]

セマナ・サンタ

18世紀、ロルカにはバロック様式の教会がいくつか建てられた。旧市街には同時に貴族の邸宅も建てられ、現在修復された。これらが歴史の足跡を今に伝えている。

19世紀以後、毎年受難週(セマナ・サンタ)の間礼拝行進が行われるようになった。ロルカの礼拝行進は、華やかさと敬虔な信仰心が入り交じった様相から非常にユニークである。ローマ兵士たちと4頭だて2輪戦車が、バロック様式の聖人像と交替し、素人がなりきるエジプト女王クレオパトラ7世ネロ、悪魔やその他聖書・歴史上の人物が山車にのって現れるのである。

中世の要塞は国立の宿泊施設パラドールへ変えられ、遺跡はパワーショベルで運び出された。シナゴーグとユダヤ人ゲットーの跡が要塞近くで見つかっており、考古学者らの厳重な抗議にもかかわらず作業が続けられている。

経済[編集]

土地と水の大半が数世紀に渡り少数派の大土地所有者、カトリック教会の修道会に握られたあと、1960年代にロルカはゆるやかな経済成長を始めた。

今日もいまだ、地域の商業中心地となっても、経済は農業と養豚を基盤としている。ソルトペッパー、火薬、鉛加工も同様である。ロルカは、エクアドルやモロッコといった低所得労働者の移住のため人口増加が起きている。

ロルカは、ほぼ乾燥した谷の中にあるグアダレンティーン川(アラビア語で泥の川を意味する)周辺にある。事実、農業はスペイン中央部のタグス川からひかれた水に過度に依存している。灌漑用水路は、中世のムーア人支配時代にムルシア中にひかれた。

スポーツ[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ El País紙2011年5月11日

外部リンク[編集]

座標: 北緯37度41分 西経1度42分 / 北緯37.683度 西経1.700度 / 37.683; -1.700