ロジャー・マンベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロジャー・マンベルRoger Manvell1909年10月10日 - 1987年11月30日)は、イギリス作家、映像作家。

第二次世界大戦中は英国情報局(the Ministry of Information)に所属し、英国政府のプロパガンダ映画を作製していた。

映画アニメーションに関する著作も多く、またナチス・ドイツに関する研究書、アドルフ・ヒトラールドルフ・ヘスハインリッヒ・ヒムラーヘルマン・ゲーリングらの伝記を執筆・共著している。

またアニメーション製作に関する基本的な事項を網羅した教科書の古典「The Technique of Film Animation」(1959、ジョン・ハラスと共著)は、1963年に「アニメーション-理論・実際・応用」(東京中日新聞出版局)として邦訳出版され、日本のアニメーションの創成期に多大な影響を与えた。

技術書[編集]

  • 「アニメーション-理論・実際・応用」(1959、ダヴィッド社)

ノンフィクション[編集]

  • ゲシュタポ 恐怖の秘密警察とナチ親衛隊」(1971、サンケイ新聞社出版局)
  • 「ヒトラー暗殺事件 世界を震撼させた陰謀」(1972、サンケイ新聞社出版局)
  • 「空軍元帥ゲーリング 第三帝国第二の男」(1972、サンケイ新聞社出版局)
  • 「ゲシュタポへの挑戦」(1973、新人物往来社、Heinrich Fränkelと共著)
  • 「ゲシュタポ SSと恐怖の秘密警察」(1984、サンケイ出版)
  • 「ナチ第3帝国」ワイド版 第2次世界大戦全史1 (ツル・インターナショナル)

小説[編集]

  • 「呪いを売る男」The Dreamers (1958、徳間書店ワールド・ホラー・ノベル・シリーズ)