ロアノーク (軽巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Roanoke (CL-145)
艦歴
発注:
起工: 1945年5月15日
進水: 1947年6月16日
就役: 1949年4月4日
退役: 1958年10月31日
除籍:
その後: 1972年2月22日に売却
性能諸元
排水量: 14,700トン
全長: 679 ft 6 in
全幅: 70 ft 8 in
吃水: 25'
機関: ギアードタービン4軸推進、120,000shp
最大速: 33 ノット
兵員: 士官、兵員1,401名
兵装: 47口径6インチ砲12門、
50口径3インチ機銃24基、
20mm機銃12基
艦載機:
モットー: NUNC PARATI SUMUS

ロアノーク(USS Roanoke, CL-145)は、アメリカ海軍軽巡洋艦ウースター級軽巡洋艦の2番艦。艦名はバージニア州ロアノークに因む。その名を持つ艦としては4隻目。

艦歴[編集]

ロアノークは1945年5月15日にニュージャージー州カムデンニューヨーク造船所で起工し、1947年6月16日にジュリア・アン・ヘネブリーによって進水、1949年4月4日にフィラデルフィアでジョン・D・ケルシー艦長の指揮下就役した。

カリブ海での整調に続いて、ロアノークは戦艦巡洋艦部隊の一部として大西洋で作戦活動に従事し、1950年1月6日に地中海第6艦隊に合流、最初の展開を行う。5月に帰国し、その後第6艦隊での作戦任務を西大西洋で1952年の夏まで行う。続いて海軍兵学校生の訓練巡航をヨーロッパ、カリブ海で行い、巡航が完了すると大西洋艦隊の戦艦巡洋艦部隊の一部として5月には6度目の地中海配備を完了し、1955年の秋まで作戦活動を継続した後、太平洋艦隊へ配置換えされる。

1955年9月22日にロアノークはバージニア州ノーフォークを出航し、パナマ運河を通過、新たな母港のロングビーチに向かう。1956年5月から12月までと1958年9月から10月までの間にロアノークはロングビーチを拠点として9回の予備役兵の訓練巡航を行い、2度の西太平洋での演習を完了した。1958年10月31日に退役、メア・アイランドで保管された後、カリフォルニア州サンノゼのレビン・メタルズ株式会社に売却された。

外部リンク[編集]