さそり座ウプシロン星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
レサトから転送)
移動: 案内検索
さそり座υ星 A
Lesath
星座 さそり座
視等級 (V) 2.70
位置
赤経 (RA, α) 17h 30m 45.8s
赤緯 (Dec, δ) -37° 17′ 45″
固有運動 (μ) 赤経:-4 mas/yr
赤緯:-29 mas/yr[1]
距離 約 519 光年
(約159 パーセク
絶対等級 (MV) -0.5
物理的性質
太陽との相対質量 10
太陽との相対半径 7.5
スペクトル分類 B2IV
光度 12,300 L☉
表面温度 22,400 K
別名称
別名称
さそり座34番星, HIP 85696.
■Project ■Template

さそり座υ星は、さそり座恒星

さそり座λ星と肉眼でも見える二重星となっている。中国では「尾宿」日本では「おとどい星」とも言われる。

2.7等星で、スペクトル型はB2。距離は地球から約519光年離れている。表面温度は 22,400 K。光度は太陽の12,300倍、半径は7.5倍、質量は10倍。将来、相当大きな白色矮星として寿命を迎えるだろうと予測される。

名称[編集]

学名は Upsilon Scorpii(略称 υ Sco)。固有名レサト (Lesath, Leschath, Lesuth) は、アラビア語由来であり、las'a(毒を持つ者の一刺しの意)が語源。ただ、アラビア語に詳しいヨーロッパの学者スカリジェによると、Alascha という名前が既に存在し、al laţkha(霧の中にあるもの)が語源であるとされている。散開星団M7のことを指していると思われる。

参考文献[編集]

  1. ^ 理科年表 平成16年度版 P107