ルーラント・サーフェリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルーラント・サーフェリー
生誕 1576年
コルトレイク
死去 1639年2月25日
テンプレートを表示

ルーラント・サーフェリーRoelant Savery 15761578年1639年2月25日)は、オランダの画家。

生涯[編集]

コルトレイクの画家一族に生まれる。八十年戦争の戦火を逃れて1585年ハールレムに移住し、やはり画家として活動していた兄・ヤーコプ(15651603)の弟子となる。兄の死後、ルドルフ2世に招かれて1604年にプラハに移り宮廷画家として仕える。皇帝の死後はミュンヘンザルツブルクウィーンを転々としたのちユトレヒトに落ち着いた。1621年には大きな庭のある家を購入、サーフェリーの家はバルタザール・ファン・デル・アストアンブロジウス・ボスハールトなど多くの画家が集う場所となった。サーフェリーの弟子にはアラート・ファン・エーフェルディンゲンがいる。

1620年代にはユトレヒトでも最も成功した画家となっていたが、次第に生活上でトラブル(アルコール依存症と思われるが詳細は不明)を抱えるようになってしまう。1630年代後半まで弟子達を教えていたが、1638年に破産し、その半年後に亡くなった。

鳥獣画を得意とし、現在では絶滅したドードーを描いたことでも知られている[1]。また、風景画にも優れ、神聖ローマ帝国に仕えていた頃は、チロル地方へと風景描写に派遣されることもあった。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 当時はドードーの絶滅前で、モーリシャス島で捕獲されたドードーが生きたままヨーロッパに持ち込まれていた。