アンブロジウス・ボスハールト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンブロジウス・ボスハールト
Ambrosius Bosschaert
ボスハールト作『花』(1614年)
J・ポール・ゲティ美術館
生誕 1573年1月18日
アントウェルペン
死去 1621年
デン・ハーグ
テンプレートを表示

アンブロジウス・ボスハールト(Ambrosius Bosschaert, 1573年1月18日 - 1621年)は、オランダ絵画黄金時代画家。花を描いた静物画で知られている。同名の息子も画家のため、アンブロシウス・ボスハールト(父)と表記されることもある。

生涯[編集]

アントウェルペン生まれ。その地で画家としてのキャリアをスタートするが、プロテスタントに対する迫害を避けて、1587年に家族でミデルブルフに移り、人生の大半をそこで過ごした。ボスハールトは静物画、特に花を多く描き、「AB」というモノグラムでも知られている。[1]1593年にミルデブルフで聖ルカ組合に登録され、後に組合長ともなった。[1]

ボスハールトの3人の息子(Ambrosius IIJohannesAbraham)も花を描く画家となった。義理の兄弟であるバルタザール・ファン・デル・アストはボスハールトの工房で働いたこともある。

ボスハールトはアムステルダム(1614年)やベルヘン・オプ・ゾーム(1615年から1616年)、ユトレヒト(1616年から1619年)、 ブレダ(1619年)などでも活動した。[1]1619年にユトレヒトに移った際、ファン・デル・アストはその地の聖ルカ組合(アブラハム・ブルーマールトが組合長になったばかりであった)に加入した。ルーラント・サーフェリーも同じころに加入しており、ボスハールトはサーフェリーの影響を少なからず受けたと考えられる。[1]

ボスハールトはデン・ハーグで没した。[1]彼の死後、ファン・デル・アストがその工房と弟子たちを引き継いだ。[1]

参照[編集]