バルタザール・ファン・デル・アスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バルタザール・ファン・デル・アスト
Balthasar van der Ast
バルタザール・ファン・デル・アスト画『果物と貝殻のある静物』(1620)
マウリッツハイス美術館
生誕 1593年か1594年
ミデルブルフ
死没 1657年
デルフト

バルタザール・ファン・デル・アスト(Balthasar van der Ast)は、オランダ画家静物画で知られている。

生涯[編集]

バルタザール・ファン・デル・アストはミデルブルフで羊毛を扱う商人の家に生まれた。生年は不明だが、1618年に25歳であったとの記録が残っているため、1593年か1594年生まれと考えられる。1609年、父親が亡くなった後、姉のマリアと、マリアの夫であるアンブロジウス・ボスハールトの下に身を寄せた。ボスハールトはファン・デル・アストを静物画の画家になるべく手ほどきをした。[1] 同じように、ボスハールト亡き後、彼の3人の息子たちを教えたのはファン・デル・アストであった。[1]

ファン・デル・アストはボスハールト家と共にユトレヒトに移り、その地で聖ルカ組合に登録した。[1] ルーラント・サーフェリーも同じころ組合に登録しており、サーフェリーの影響を受けたと思われる。[1] ヤン・ダヴィス・デ・ヘームもファン・デル・アストの弟子であったと思われる。[1]

1632年までユトレヒトで過ごし、デルフトに移り1633年6月22日にその地の聖ルカ組合に加わっている。[1] 1633年2月に結婚し、二人の娘をもうけている。ファン・デル・アストは1657年にその地で亡くなった。

参照[編集]