ルートヴィヒ2世 (ヘッセン大公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘッセン大公ルートヴィヒ2世

ルートヴィヒ2世Ludwig II., 1777年12月26日 - 1848年6月16日)は、ヘッセン大公国の第2代大公(在位:1830年 - 1848年)。ルートヴィヒ1世とその妃であったルイーゼ・ヘンリエッテ・カロリーネ(1761年 - 1829年、ヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ8世の息子ゲオルク・ヴィルヘルムの娘)の息子。

1777年12月26日ダルムシュタットで生まれる。1804年6月19日ヴィルヘルミーネ・ルイーゼ(1788年 - 1836年、バーデン大公カール・フリードリヒの長男カール・ルートヴィヒの娘)と結婚し、彼女との間にルートヴィヒカール(1809年 - 1877年)、エリーザベト(1821年 - 1826年)、アレクサンダー(1823年 - 1888年)、マリー(1824年 - 1880年、ロシア皇帝アレクサンドル2世妃)の5子をもうけた(ただし後2者は大公妃とその愛人との子供の可能性があるとされる)。

ルートヴィヒ2世は1848年6月16日にダルムシュタットで死去し、長男のルートヴィヒ3世が大公位を嗣いだ。

先代:
ルートヴィヒ1世
ヘッセン大公
1830-1848
次代:
ルートヴィヒ3世