カール・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット

カール・フォン・ヘッセン=ダルムシュタットドイツ語:Karl von Hessen-Darmstadt1809年4月23日 - 1877年3月20日)は、ヘッセン大公国の公子。大公ルートヴィヒ4世の父。

大公ルートヴィヒと妃ヴィルヘルミーネ・フォン・バーデンの次男として、ダルムシュタットで生まれた。大公ルートヴィヒ3世は兄、バッテンベルク家の祖となったアレクサンダーは弟にあたる。

1836年、プロイセン王女エリーザベト(プロイセン王子ヴィルヘルムの三女)とベルリンにて結婚した。2人の間には4子が生まれた。

  • ルートヴィヒ4世(1837年 - 1892年)
  • ハインリヒ(1838年 - 1900年)
  • アンナ(1843年 - 1865年)
  • ヴィルヘルム(1845年 - 1900年)