ルートヴィヒ3世 (ヘッセン大公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルートヴィヒ3世

ルートヴィヒ3世Ludwig III., 1806年6月9日 - 1877年6月13日)は、ヘッセン大公国の第3代大公(在位:1848年 - 1877年)。ルートヴィヒ2世の長男。

1806年6月9日、ルートヴィヒ2世とその妃であったバーデン大公世子カール・ルートヴィヒの娘ヴィルヘルミーネの間に第一子としてダルムシュタットで生まれた。1833年12月26日ミュンヘンバイエルンルートヴィヒ1世の王女マティルデ・カロリーネ(1813年 - 1862年)と結婚した。

1848年、ルートヴィヒ2世の死去によって大公位に即いた。1866年普墺戦争ではオーストリア帝国側についたため、敗戦後領土の一部をプロイセン王国へ割譲した。また戦後成立した北ドイツ連邦にはライン川以北のみが加盟した。1871年普仏戦争ののちドイツ帝国が成立すると、ヘッセン大公国もその領邦の一つとなった。

大公妃マティルデ・カロリーネと死別したのち、ルートヴィヒ3世は1868年6月20日に Hochstätten 男爵夫人アンナ・マグダレーナ・アペルと貴賎結婚した。

ルートヴィヒ3世は1877年6月13日ゼーハイムで死去した。嫡子はおらず、甥のルートヴィヒ4世が大公位を嗣いだ。

先代:
ルートヴィヒ2世
ヘッセン大公
1848-1877
次代:
ルートヴィヒ4世