ルートヴィヒ8世 (ヘッセン=ダルムシュタット方伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルートヴィヒ8世

ルートヴィヒ8世Ludwig VIII., 1691年4月5日 - 1768年10月17日)は、ヘッセン=ダルムシュタット方伯(在位:1739年 - 1768年)。エルンスト・ルートヴィヒとその妃であったブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯アルブレヒトの娘ドロテア・シャルロッテ(1661年 - 1705年)の息子。ダルムシュタットで生まれた。

ハーナウ=リヒテンベルクヨーハン・ラインハルト3世の一人娘シャルロッテ・クリスティーネ・マグダレーネ(1700年 - 1726年)と結婚し、ハーナウをヘッセン=ダルムシュタット方伯領に加えた。また、彼女との間にルートヴィヒ9世ゲオルク・ヴィルヘルム(1722年 - 1782年)、カロリーネ・ルイーゼ(1723年 - 1783年、バーデン大公カール・フリードリヒ妃)らをもうけた。

先代:
エルンスト・ルートヴィヒ
ヘッセン=ダルムシュタット方伯
1739年 - 1768年
次代:
ルートヴィヒ9世