ルーカス・ペセック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルーカス・ペセック
Lukas Pesek 2009 Donington.jpg
2009年 イギリスGP
国籍 チェコの旗 チェコ
生年月日 1985年11月22日(29歳)
出身地 チェコプラハ
ロードレース世界選手権での記録
- MotoGPクラスに参戦 -
現在のチーム Cameイオダレーシング
ゼッケン 52
チャンピオン 0
レース数 118
優勝回数 2
表彰台回数 9
PP回数 3
FL回数 4
通算獲得ポイント 507
2010年の成績 34位 (5ポイント)Moto2クラス

ルーカス・ペセック[1] ( Lukáš Pešek, 1985年11月22日 - ) は、チェコプラハ出身のオートバイレーサー2013年ロードレース世界選手権MotoGPクラスに参戦する。

経歴[編集]

3歳の時、モトクロスレーサーだった父が組み立てたオートバイに乗り始める。2001年と2002年にはチェコの国内ロードレース選手権125ccクラスでチャンピオンとなった。2002年にはヨーロッパ選手権125ccクラスにも参戦し、また地元チェコGP125ccクラスのレースにワイルドカード枠で出場、ロードレース世界選手権デビューを果たした。

2003年にはヨーロッパ選手権250ccクラスに移った。このシーズンの途中、同郷のヤロスラフ・ユレスが重傷を負ったことから、その代役としてヤマハ・クルツチームから、松戸直樹をチームメイトにロードレース世界選手権250ccクラスにデビューを果たした。第15戦オーストラリアGPで12位に入賞し、初ポイントを獲得した。

2004年は125ccクラスに移り、フィンランドのアジョ・モータースポーツチームからGPにフル出場したが、何度もクラッシュを繰り返した結果シリーズランキングは21位に終わった。

2005年から2006年にかけてはデルビのマシンを駆り、成績は年々向上していった。2005年はシリーズ19位、2006年はシリーズ6位、そして2007年には中国GPオーストラリアGPと2勝を挙げてシリーズ4位に入る活躍を見せた。

2008年、ペセックはダニエル・エップ率いるオートケリー・CPチーム[2]からアプリリアのマシンを駆って250ccクラスに復帰を果たした。250ccフル参戦初年度は第12戦サンマリノGPでの9位が最高位となり、シリーズランキングは15位だった。翌2009年もチームに残留し、3戦で7位に入賞、ふたたびシリーズ15位となった。

2010年シーズン、ペセックは250ccクラス後継のMoto2クラスに、マッテオーニC.P.レーシングからモリワキのマシンを駆って参戦を開始したが[3]、成績不振が続いたことから第12戦サンマリノGP終了をもってチームを解雇されてしまった[4]

2011年シーズンはスペイン選手権(CEV)のMoto2クラスに IAMT RP2 チームから参戦する。世界選手権にもワイルドカード枠での参戦を予定している[5]

2013年シーズンは、3年ぶりにロードレース世界選手権へ復帰を果たし、イオダ・レーシングよりMotoGPクラスにCRTマシンで参戦する。

ロードレース世界選手権 戦績[編集]

シーズン クラス バイク 出走 優勝 表彰台 PP FL ポイント シリーズ順位
2002年 125cc ホンダ 1 0 0 0 0 0 -
2003年 250cc ヤマハ 9 0 0 0 0 4 30位
2004年 125cc ホンダ 16 0 0 0 0 20 21位
2005年 125cc デルビ 16 0 0 0 0 25 19位
2006年 125cc デルビ 16 0 3 2 1 154 6位
2007年 125cc デルビ 17 2 6 1 3 182 4位
2008年 250cc アプリリア 16 0 0 0 0 43 15位
2009年 250cc アプリリア 16 0 0 0 0 74 15位
2010年 Moto2 モリワキ 11 0 0 0 0 5 34位
合計 118 2 9 3 4 507

脚注[編集]

  1. ^ チェコ語の本来の発音は「ルーカシュ・ペシェック」に近い。
  2. ^ 同じくダニエル・エップが運営し、トーマス・ルティがライダーを務めるエミ・カフェラテチームとはスポンサーが異なるだけで実質的には一つのチームである。
  3. ^ http://www.motogp.com/ja/news/2010/Moto2+provisional+entry+list+2010
  4. ^ http://www.formula.hu/hirek/153/384/35474/a-matteoni-racing-bucsut-vett-lukas-pesektol
  5. ^ http://www.bikeracing.it/cev/56843_cev-moto2-lukas-pesek-prova-la-iamt-rp2-in-vista-del-2011/

外部リンク[編集]