ルキウス・ウェルギニウス・ルフス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルキウス・ウェルギニウス・ルフスLucius Verginius Rufus, 14年 - 97年)は、古代ローマ帝国ユリウス・クラウディウス朝フラウィウス朝時代の軍人。のちに元老院議員となる。四皇帝の年初期に起こったガイウス・ユリウス・ウィンデクスの反乱を鎮圧し、またローマ皇帝ネロに代わる皇帝としての軍団兵からの皇帝位への擁立を拒否した。

(以降、この人物を氏族名の「ウェルギニウス」と省略して呼ぶことにする)

現在の北イタリアエクィテス階級身分として生まれる。63年ネロの治世にコンスルに選ばれ、上ゲルマニア属州にプロコンスルとして派遣される。67年にウィンデクスがネロに反乱を起こすとウェルギニウスは鎮圧に向かい、68年に制圧。その後、ルフスはガルバに対抗する形で配下の軍団兵より皇帝へと擁立されようとするが、これを拒否、代わりに低地ゲルマニア総督のウィテリウスを支持する。その後ウィテリウスは元老院より皇帝として承認されることになるが、彼自身はその後ゲルマニアの軍団から離れローマへ戻り、十数年を詩作など文学を嗜みつつ穏便に過ごした。

次に彼の名が出てくるのはドミティアヌスが暗殺され、ネルウァが皇帝になったときである。ネルウァは引退しつつあった年老いたウェルギニウスを同僚執政官としたが、その際に演説を行う時に、手から落とした書物を取ろうと身をかがめて転び、その怪我がもとで没した。ウェルギニウスの葬儀は国葬をもってなされた。