ガイウス・ユリウス・ウィンデクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ガイウス・ユリウス・ウィンデクスGaius Julius Vindex, ? - 68年)は、ユリウス・クラウディウス朝末期の人物。ガリア・ルグドゥネンシス属州総督四皇帝の年の原因となる、ローマ皇帝ネロに対する反乱を企てた人物。以下、彼のことを家族名の「ウィンデクス」と呼ぶ。

ウィンデクスの家族はクラウディウスの治世に元老院議員として迎え入れられたガリア・アクィタニアガリア人の家系である。カッシウス・ディオによれば、彼は肉体的にも知性にも優れ、職務軍務にも精通していたが、野心もまた大きかったと言う。

68年にネロに対して反乱を起こし、支持を受けるためにガルバを皇帝にと擁立しようとするが、上ゲルマニアの総督であったルキウス・ウェルギニウス・ルフスによって反乱は制圧され、ウィンデクスも殺された。