ルイ・ブレリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイ・ブレリオ

ルイ・シャルル=ジョゼフ・ブレリオLouis Charles-Joseph Blériot1872年7月1日- 1936年8月2日)はフランス航空界の先駆者。

人物と業績[編集]

エコール・サントラル・パリ工学科卒。

1900年頃から航空機の実現に没頭し、鳥を摸した『はばたき機』を自作したが、飛行するには至らなかった。ライト兄弟が初飛行に成功した1903年、自動車用前照灯の製造で得た利益を基に、ガブリエル・ヴォアザンと共同でブレリオ・ヴォアザンを設立し、アントワネット製エンジン搭載の複葉機などを製作した。

1906年、ロンドンの新興紙デイリー・メールが宣伝目的でドーバー海峡横断飛行に賞金1,000ポンドを掛けたことから、達成競争に参戦するためヴォアザンと袂を頒ち、自ら再び設計・製作を手掛け始めた。

多様な形式の機体(箱型複葉機・推進式単葉機タンデム翼機など)で試行錯誤し、中でもブレリオ Vは世界初の実用単葉機であったが、翌1907年に事故で失われた。

1909年7月25日早朝、レイモン・ソルニエRaymond Saulnier )設計のブレリオ XIを駆ってカレー市郊外からドーバー城まで所用時間36分55秒で初横断に成功。ユベール・ラタムシャルル・ド・ランベールとの先着競争を征し、巨額の賞金と国際的栄誉を手にした。

その偉業を記念して、ブレリオはレジオンドヌール勲章を与えられ、出発地はブレリオ海岸(Blériot-Plage )と命名された。

ブレリオ XIにはレプリカの注文が殺到し、工房は繁忙を極めた。1914年には、創業者の摘発で混乱状態に陥っていたSPADの経営権を取得、第一次世界大戦では軍用機の最大手量産メーカーに成長させた。

1921年には自社ブレリオ航空機(Bleriot-Aeronautique)を設立してSPADを傘下に納め、民間機事業にも進出して成功した。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『カレーからドーバーへ ルイ・ブレリオの遺跡をたずねて』- 木村秀政航空情報1973年10-11月号)

外部リンク[編集]