アントワネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アントワネット(Societe des avions et moteurs Antoinette)は、フランスの初期の航空機メーカーである。1904年にレオン・ルヴァヴァスール(Leon Levavasseur, 1863年 - 1922年)とジュール・ガスタンビド(Jules Gastambide)が設立した。会社の名前はガスタンビドの長女の名前からつけられた。Puteauxに設立された。

はじめ自動車用エンジンの製造をおこなったが、1907年から航空機の製造を始めた。アントワネット IIの原型となったGastambide-ManginはEugene Welferingerの操縦で1908年2月に初飛行した。1908年8月1日にアントワネット IIは同乗者を乗せて初飛行した。アントワネットのエンジンはポール・コルニュの史上最初のヘリコプターの動力としても用いられた。

1910年頃使われた地上練習用の「アントワネットの樽」

アントワネット機はユベール・ラタムの操縦によって、1909年8月のランスの航空大会で155mの高度を飛んだ記録をはじめ多くの記録を作った。

飛行学校を作り、多くのパイロットを育成する事業は成功し、アントワネットの飛行学校で学んだパイロットにはMarie Marvingtがいる。地上での訓練用に原始的な「飛行シミュレーター」となる、「アントワネットの樽」を使った。

1911年に革新的な設計のアントワネット軍用単葉機を製作したが、当時のエンジンの出力に対して重量過重で失敗作となった。1911年に閉鎖された。

製造した航空機[編集]