ルイ・デリュック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルイ・デリュックLouis Delluc1890年10月14日 カドゥワン - 1924年3月22日 パリ)は、フランス映画監督脚本家映画批評家著述家。33歳で夭折したが少数の映画作品と数々の著作を残し、毎年の最高のフランス映画に与えられる「ルイ・デリュック賞」に名を残す。

来歴・人物[編集]

1890年10月14日、フランス・ドルドーニュ県カドゥワンに生まれる。1903年、家族とともにパリに移り住む。古典を修めたのち、ジャーナリズムの道へ進む。スペクタクル芸術の批評、詩、小説などたくさんのものを書いた。芸術映画、ニュース映画、軽映画など当時の映画に対しては非常にクリティカルであった。

戦時中、ポール・クローデルミューズであり通訳であるエーヴ・フランシスと結婚した。彼女がデリュックにアメリカ映画を発見させた。

1917年から、映画批評の世界に身を投じ、数え切れないほどの記事や草稿を書き、「シネアスト」という語を発明した。幼なじみのレオン・ムーシナックとともに、フランスにおける初めての独立系理論家、批評家となった。

わずか5年のうちに、横溢する活動の兆候を示す。雑誌『Le Journal du Ciné-club』と『Cinéa』を編集し、複数のシネクラブを創設し、とりわけ7本の映画を演出した。なかでも2本はフランス映画史に残る作品である。『La Femme de nulle part』(1922年)と『狂熱』(1921年)である。彼の演出は、自然な美術装飾を生かし、ジェスチャー表現や突発的変化を抑えたものであった。トーキー出現までの1920年代映画を特徴づける前衛映画の先駆であった(アベル・ガンスジェルメーヌ・デュラックマルセル・レルビエジャン・エプスタンルネ・クレール)。

1924年、最後の映画『洪水』をローヌ川の谷で撮影した。非常に悪い気候条件にあって、ルイ・デリュックは恐るべき肺炎に罹患する。同年3月22日、33歳と数週間の生涯を閉じる。

フィルモグラフィ[編集]

参考文献[編集]

  • Louis Delluc (1890-1924), l'éveilleur du cinéma français au temps des années folles、G. Delluc著、2002年、Pilote 24 et Les Indépendants du premier siècle、Périgueux、パリ、500 p., ill.

関連事項[編集]

外部リンク[編集]