ルイス・フェルナンド・モントージャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルイス・フェルナンド・モントージャLuis Fernando Montoya1961年7月23日 - )は、コロンビア出身の元サッカー指導者。

2003年、コロンビアリーグでオンセ・カルダスをリーグ初優勝に導いた。翌2004年コパ・リベルタドーレスでは決勝トーナメントに入ってからサントスFCサンパウロFCなどの南米でも名だたる強豪クラブを破り、決勝ではボカ・ジュニアーズPK戦の末に破り優勝した。そして南米クラブ王者としてトヨタカップにチームを導きUEFAチャンピオンズリーグ優勝のポルトガルFCポルトと対戦した。この試合もPK戦となったが、惜しくも7-8で敗れた。この年彼は南米最優秀コーチに選ばれた。

トヨタカップ終了後、帰国直後の12月にメデリン近郊のカルダスで強盗に撃たれて、首から下には一生麻痺が残ることとなってしまった[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Colombian coach left paralyzed after shooting”. USAトゥデイ (2004年12月23日). 2010年6月2日閲覧。

外部リンク[編集]