マルセロ・ビエルサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルセロ・ビエルサ Football pictogram.svg
Marcelo Bielsa 2009-03-03.jpg
名前
本名 マルセロ・アルベルト・ビエルサ・カルデラ
Marcelo Alberto Bielsa Caldera
愛称 エル・ロコ (El Loco)=狂人
ラテン文字 Marcelo BIELSA
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 1955年7月21日(59歳)
出身地 ロサリオ
選手情報
ポジション DF
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マルセロ・アルベルト・ビエルサ・カルデラ(Marcelo Alberto Bielsa Caldera, 1955年7月21日 - )はアルゼンチン出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。戦術マニアとして知られ[1]、趣味はサッカーの試合のビデオ収集。そのため、「エル・ロコ」(変人の意)のあだ名がついた。

経歴[編集]

初期の経歴[編集]

幼少期よりサッカーが好きでニューウェルズ・オールドボーイズのファンであった。ビエルサの一族は政治家か法律家になる者が多かったが、これに反しサッカーに携わる職業に就くことを選択し、サッカーを続けながら私立高校に通い大学を卒業した[2]

1970年代後半にはディフェンダーとしてオールドボーイズでプレーするも、25歳で現役引退。すぐにコーチに転身し、オールドボーイズの下部組織の指導者になった。

監督へ[編集]

1990年にオールドボーイズのトップチームの監督に就任すると、初年度にプリメーラ・ディビシオンを制覇。1992年にはコパ・リベルタドーレスで決勝に駒を進めるも、PK戦の末にサンパウロFC(ブラジル)に敗れ、準優勝に終わった。

その後、メキシコに拠点を移し、CFアトラスおよびクラブ・アメリカの指揮を執った。帰国後はCAベレス・サルスフィエルドを率いてクラウスーラ1997を制覇した。

アルゼンチン代表監督[編集]

1998年にはRCDエスパニョールの監督に就任するも、ほどなくして辞任し、ダニエル・パサレラの後任としてアルゼンチン代表監督に就任。AFCアヤックスの3-4-3システムを発展させたような3-3-1-3システムを採用し、ロベルト・アジャラフアン・セバスティアン・ベロンエルナン・クレスポらが円熟期に入ったチームは、2002 FIFAワールドカップ南米予選で強さを見せた。両サイドにウイングセカンドトップの選手を配する形を好んだため、典型的なセンターフォワードガブリエル・バティストゥータとクレスポが併用されることは無かった。またボカ・ジュニアーズフアン・ロマン・リケルメの古典的なプレースタイルを好まず、積極的に起用しようとはしなかった。2002年の本大会ではフランス代表と共に優勝候補の一角に挙げられたがグループリーグ敗退した。責任を取る形で辞任するものと思われたが最終的に留任した。2004年にはU-23アルゼンチン代表を率いてアテネオリンピックで優勝したが、その直後に監督を辞任した。

チリ代表監督[編集]

2007年8月、チリ代表の監督に就任。代表の合宿所の宿泊施設に住み始めてメディアを驚かせた[3]2010 FIFAワールドカップ南米予選ではブラジルに次ぐ2位という好成績で、チリを3大会ぶり8回目のW杯出場に導いた。南アフリカW杯本大会では、62年大会以降白星のなかったチリ代表を16強に導いた。W杯後もチリ代表監督を務めていたが、自身を招聘したチリサッカー協会会長のハロルド・マイネ・ニコルスが会長選挙で再選されなかったため、2010年11月17日に行われたウルグアイ代表との親善試合を最後に、2011年1月に退任した。

アスレティック・ビルバオ監督[編集]

監督就任の経緯[編集]

アスレティック・ビルバオでは2011年7月に会長選挙が行われることが決定しており、当時の現職のフェルナンド・ガルシア・マクアと、43歳のホス・ウルティアが立候補した[4]。ガルシアはUEFAヨーロッパリーグ予選前に監督を交代することが危険だとして、ホアキン・カパロス監督を続投させる重要性を主張した。対するウルティアは、「マルセロ・ビエルサは7~8人いる世界最高の監督の一人だ」とビエルサを高く評価して、ビエルサの監督招聘を公約にした[4]。当時、ビエルサはレオナルド監督の退任が決まっていたインテルや、2010 FIFAワールドカップ後に岡田武史が退任した日本代表からも監督就任の打診を受けていた[5][6]。7月7日に行われたアスレティック・ビルバオの会長選挙ではウルティアが当選し、カバロスが監督の座を退いてビエルサの就任が決定した[7]。ウルティアの会長就任により、クラブのフロントは一新され、技術スタッフはもちろん、下部組織の各カテゴリーの指導者も大幅に入れ替わった。2010-11シーズンまでアトレティコ・マドリードの育成部長を務めていたアモロトゥルがハビエル・イルレタと入れ替わる形で新強化部長となった[8]

監督就任後[編集]

就任会見では「開幕戦のこの1試合のためだけでもこの土地に来た甲斐があるのではないか。そんな風に思えるのです」と語った[9]。2007年から務めていたチリ代表監督の座を2011年2月に離れて以来の現場復帰だった[7]。リーグの序盤は戦術が浸透せず、開幕戦では昇格組のラージョ・バジェカーノとの試合を1-1で引き分け、続くRCDエスパニョール戦、レアル・ベティス戦に負けて、その後2試合も勝てず開幕戦から0勝2分3敗と序盤はチーム史上最低の結果になった。この時点では開幕戦から勝ち星がなかったが、UEFAヨーロッパリーググループリーグでパリ・サンジェルマンFCに勝つと、第7節のレアル・ソシエダとのバスク・ダービーにCFフェルナンド・ジョレンテの2得点で勝利してリーグ戦初勝利を飾る。第8節では前線からのプレスが機能し、同じくバスク勢のCAオサスナに3-1で勝利した。このシーズンのホーム初勝利だった。第10節ではアトレティコ・マドリードに3-0で勝ち公式戦7試合負けなしとした[9]。10月23日に行われた第9節バレンシアCF戦でMFカルロス・グルペギが左ひざの前十時じん帯を断裂し、2011-12シーズンの残りの試合に出場することが出来なくなる。グルペギは主将を務めており、ピッチの内外でのキーマンのひとりだった。ビエルサは会見で「グルペギ不在は、チームにとって大きな痛手だ。彼は絶対に練習で手を抜かない選手で、卓越した仕事をする人間だからだ」とコメントした[10]。第12節ではFCバルセロナをホームのサン・マメスに迎えて2-2で引き分けた。バルセロナのジョゼップ・グアルディオラ監督は「本当にすばらしい試合で、サッカー賛歌のようだった」と『ムンド・デポルティボ』紙で話した[11]。この試合の前にビエルサはチームに向けて「バルサは世界一のチームだ。現在のバルサに勝利することは、唯一無二の偉大な挑戦だ」と話していた。この頃にはビエルサのサッカーがビルバオに浸透してきていて、ジョレンテが「僕たちはバルサ戦で向上してきていることを確信した」と語ったようにチームの状況は開幕当時よりも改善されていた。ビルバオは第12節を終えて9位につけていた[12]。バルセロナと引き分けた後の第13節では敵地エスタディオ・ラモン・サンチェス・ピスフアンセビージャFCと対戦し、2-1で勝利を収めた。試合後会見では「攻撃、守備の両面で、チームは私の好むプレーを見せてくれた。勝利を収めることは簡単ではない。だが、正当な勝利だ」と話して、チームのパフォーマンスに満足していることを示した。また、ビエルサはシーズン開始前の夏にセビージャの指揮官に就任する可能性が報じられていた。このことに関しては、会見で「都合の良い話ではない」と話して深くは言及しなかった[13]。この試合では、ビルバオ史上初となる黒人との混血選手となるU-19スペイン代表DFジョナス・ラマーリョがデビューを飾った。父親がアンゴラ人、母親がバスク人でアンゴラとスペインの二重国籍を持つらラマーリョはカンテラ(下部組織)時代からイケル・ムニアインらとチームメイトで、このデビューによってビルバオの国際化を推し進めることとなった[14]。その後、リーグ戦・UEFAヨーロッパリーグ・コパ・デル・レイの両立によって、チームに疲労が増し、故障者も増えていく。UEFAヨーロッパリーグ・コパ・デル・レイではともに決勝戦まで進むことが出来たが、リーグでは目標のUEFAチャンピオンズリーグ出場圏内から徐々に離れていくことになる。リーグでの最終順位は10位だった[15]。なかなか順位を上げることが出来ないリーグでの戦いに反して、UEFAヨーロッパリーグでは準決勝でスポルティング・リスボンに2試合合計4-3で勝利し、決勝進出を決めた。アウェーのファーストレグは1-2で負け、ホームで行われたセカンドレグは3-1で勝利した[16]。決勝戦は5月9日に行われた。決勝戦の対戦相手はアトレティコ・マドリードだった。ビルバオにとって1977年以来の欧州の舞台での決勝戦で、欧州での初タイトルを獲得するチャンスだったが、0-3で敗れている。ビエルサは試合後の会見で「ひどく落胆している。相手がわれわれにさせようとしているサッカーをしてしまって、いいサッカーが出来なかった。チームのプレーの責任は私にある。」と話した[17]。コパ・デル・レイでは準決勝でセグンダ・ディビシオンB(3部相当)のCDミランデスに勝利して決勝進出を決めた。決勝ではバルセロナと対戦したが0-3で敗れて準優勝に終わった。結局、このシーズンはリーグではチャンピオンズリーグ出場権を逃し、コパ・デル・レイ、UEFAヨーロッパリーグでもタイトルを獲得することが出来なかった。しかし、チームのクオリティーを向上させたことと、二つのトーナメントでチームを決勝まで導いたことが評価されて、契約を2013年まで延長した[18]

戦術[編集]

アスレティック・ビルバオはバスク人の選手のみでチームを構成するバスク純血主義を掲げている。監督はバスク人でなくてもいいが、選手はバスク人のみである。ビエルサが選手に求めるのはチームへの献身と忠誠心で、ビエルサのスタイルを試合で実践するためには選手は豊富な運動量を求められる。そして、ビルバオはバスク地方の象徴のチームであり、選手のチームに対する献身と忠誠心は強い。また、伝統的にバスク人はフィジカルも強くハードワークも出来る。ビルバオとビエルサの相性はいいと考えられる[19]

ビエルサは2010-11シーズンまでの[4-2-3-1]を止め、自身の得意とする[3-4-3]と[4-3-3]の二つのフォーメーションを使っている。1990年代のAFCアヤックスFCバルセロナなどが[3-4-3]のスタイルを用いていることで有名で、また、他の監督ではジャン・ピエロ・ガスペリーニアルベルト・ザッケローニなどが好んで[3-4-3]を用いる[20][21]。ポジショニング重視のアヤックスやバルセロナと異なり、ビエルサのスタイルでは豊富な運動量が選手に求められる[22]

ビエルサは[3-4-3]と[4-3-3]の二つのフォーメーションを使い分けており、相手が1トップの場合には4バック、相手が2トップの場合には3バックを使用している。[3-4-3]の場合の攻め方はまず、3バックと1ボランチでボールを保持する。次にサイドのウイングが下がりながらクサビを引き出す。そしてウイングバックがウイングに入ったクサビのボールを受け取るか、場合によっては空いたタッチライン際のスペースへと走りこむ。この時に上手くウイングにボールが入らない場合は、ウイングバックがウイングと交代に中に入るか、ウイングが降りてきて出来たスペースをトップ下が使う。このように、サイドの選手が常に反対の動きをするのがビエルサの戦術の特徴である。もし3バックからのボールの出しどころがなければ、ボランチにボールをいったん預けてやりなおす。このようなパターン攻撃でサイドを崩したあとは、ゴール前へとボールを送る。ゴール前には逆サイドのウイング、ワントップ、ウイングバック・ウイング・トップ下の内一人の計3人がゴール前でセンタリングを待つ。守備の際には、両サイドのウイングバックがボランチと同じラインまで下がって3ボランチのようになる。ディフェンスは基本的に自分のポジションに近い選手を捕まえるマンマークであり、ボールサイドではウイングとウイングバックがペアで守り、逆サイドのウイングバックがボランチの方へと絞って数的有利を作り出す。[4-3-3]の場合の攻め方も基本的には[3-4-3]の時と同じで、ウイングバックをつとめる選手がそのままサイドバックに入り、トップ余った一人がトップ下に入る。つまり[4-1-2-3]の形になる[19]

マルセイユ監督[編集]

2014年4月20日、オリンピック・マルセイユヴァンサン・ラブルン会長が、ビエルサが2014-15シーズンからマルセイユの監督就任が合意したことを明らかにした[23]

家族[編集]

2003年から2005年までアルゼンチンの外務大臣を務めたラファエル・ビエルサは実兄。また、実姉のマリア・イウヘニアもサンタフェ州の副知事を務めた[24]。祖父は法律学者であり、父は弁護士、母は教師である[2]

選手歴[編集]

指導歴[編集]

監督成績[編集]

クラブ 試合 得点 失点 得失点 勝ち点
ニューウェルズ・オールドボーイズ アルゼンチンの旗 98 40 38 20 117 71 +46 123
アトラス メキシコの旗 78 29 24 25 105 93 +12 83
アメリカ メキシコの旗 40 12 18 10 63 50 +13 54
ベレス・サルスフィエルド アルゼンチンの旗 43 23 13 7 86 49 +37 82
エスパニョール スペインの旗 6 1 2 3 5 8 -3 5
アルゼンチン アルゼンチンの旗 85 56 18 11 164 70 +94 186
チリ チリの旗 51 28 8 15 69 49 +20 92
アスレティック・ビルバオ スペインの旗 113 43 31 39 159 162 -3 160
通算 514 232 152 130 768 552 +216 784

タイトル[編集]

いずれも指導者として

クラブ[編集]

  • ニューウェルズ・オールドボーイズ
プリメーラ・ディビシオン 優勝 : 1990-91, クラウスーラ1992
コパ・リベルタドーレス 準優勝 : 1992
  • CAベレス・サルスフィエルド
プリメーラ・ディビシオン 優勝 : クラウスーラ1998

代表[編集]

  • アルゼンチン代表
夏期オリンピック 金メダル : 2004
コパ・アメリカ 準優勝 : 2004

個人受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “後任候補”ビエルサ氏 練習厳しい戦術マニア
  2. ^ a b 「名前の潜在能力 vol,59」『footballista』、ソルメディア、2009年7月29日・8月5日合併号、42
  3. ^ Sports Graphic Number』文藝春秋、2009年10月11日号
  4. ^ a b ビルバオ会長候補、ビエルサ招へいを公約 Goal.com
  5. ^ 岡田後任にビエルサ現チリ代表監督浮上 デイリースポーツオンライン
  6. ^ インテル会長:「ビエルサには断られた」 Goal.com
  7. ^ a b ビルバオ新監督にビエルサ氏 Goal.com
  8. ^ 『Sports Graphic Number』文藝春秋、2011年10月27日号
  9. ^ a b 変人(エル・ロコ)の改革が頑固な名門を変身させる... You Tube
  10. ^ 主将の長期離脱を嘆くビエルサ Goal.com
  11. ^ ペップ:「今日の試合はサッカー賛歌のよう」 Goal.com
  12. ^ ビエルサ効果を実感するジョレンテ&エレーラ Goal.com
  13. ^ ビエルサ:「正当な勝利」 Goal.com
  14. ^ ビルバオ、クラブ史上初の黒人との混血選手がデビュー Goal.com
  15. ^ リーガエスパニョーラ 順位 Goal.com
  16. ^ ビルバオ、スポルティングを下してEL決勝へ Goal.com
  17. ^ ビエルサ:「敗戦の責任は私にある」 Goal.com
  18. ^ ビエルサ、来季もビルバオを指揮 Goal.com
  19. ^ a b 「変り種チーム×変人監督=?」『footballista』2011年11月2日発行第6巻第39号
  20. ^ 新体制のインテルに長友のポジションはあるか?スポーツナビ
  21. ^ ザッケローニと代表メンバーの言葉に見る「3-4-3の課題と可能性」サッカーキング
  22. ^ 「戦術リストランテ」『footballista』2011年11月2日発行第6巻第39号
  23. ^ マルセイユ、ビエルサ監督就任が基本合意Goal
  24. ^ 【注目選手・監督オモテとウラ】チリ監督マルセロ・ビエルサ、情熱あふれる“聖人”

外部リンク[編集]