ルイジ・マストランジェロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイジ・マストランジェロ
Luigi Mastrangelo
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Gigi Mastrangelo.png
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 1975年8月17日(39歳)
出身地 モットラ
ラテン文字 Luigi Mastrangelo
身長 202cm
体重 90kg
選手情報
所属 イタリアの旗 ピエモンテ・バレー
ポジション MB
利き手
スパイク 368cm
ブロック 336cm 
 
獲得メダル
Flag of Italy.svg イタリア
オリンピック
2000 男子バレーボール
2004 男子バレーボール
2012 男子バレーボール
ワールドカップ
2003 男子バレーボール
テンプレートを表示

ルイジ・マストランジェロ(Luigi Mastrangelo, 1975年8月17日 - )は、イタリアの男子バレーボール選手。モットラ出身。ポジションはミドルブロッカーバレーボールイタリア男子代表

来歴[編集]

1994年セリエA1クーネオに入団。翌年からセリエB1、A2のクラブで2シーズンプレーしたのち、1997年にクーネオへ復帰し、1999年のコッパ・イタリア優勝を経験した。

1999年5月28日シドニーで行われたワールドリーグ・オーストラリア戦で代表デビューを果たし、イタリア代表として通算218試合に出場。2000年代のイタリアチームのミドルブロッカーとして活躍し、2003年欧州選手権2005年欧州選手権で2大会連続の優勝に貢献するとともに、ベストブロッカー賞を受賞、2004年ワールドリーグでもベストブロッカー賞を受賞した。

ミドルブロッカーでありながら強肩を生かした強烈なジャンプサーブを武器とし、1999年ワールドリーグ2001年ワールドリーグでベストサーバー賞を受賞した。

オリンピックには3大会連続出場し、2000年シドニーオリンピックで銅メダル、2004年アテネオリンピックで銀メダル獲得に貢献した。2008年北京オリンピックでは準決勝で怪我をしながら3位決定戦に臨んだものの、ロシアに敗れた。

2008年、A2へ降格したMローマとの解雇問題により、所属先が決まらぬまま2008-2009シーズンを迎えたが、マルティーナ・フランカに移籍が決定。2009年、古巣のクーネオへ移籍した。

2012年8月のロンドンオリンピックでは、4大会連続出場を果たし銅メダルを獲得した。

球歴[編集]

ナショナルチーム代表歴
クラブチーム優勝歴
  • コッパ・イタリア - 1999年、2002年、2003年
  • イタリア・スーパーカップ - 1999年
  • CEVカップ - 2002年、2005年、2008年

所属クラブ[編集]

外部リンク[編集]