ジャン・パオロ・モンターリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン・パオロ・モンターリ
Gian Paolo Montali
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 1960年1月18日(54歳)
出身地 トラヴェルセートロ
ラテン文字 Gian Paolo Montali
身長  
選手情報
役職 監督
利き手
テンプレートを表示

ジャン・パオロ・モンターリ(Gian Paolo Montali, 1960年1月18日 - )は、イタリアバレーボール指導者。トラヴェルセートロ出身。元バレーボールイタリア男子代表監督。

来歴[編集]

パルマのユースチームで指導を始め、1986年に26歳でセリエAパルマの監督に就任[1]1989年世界クラブ選手権で初優勝、翌1990年にリーグ優勝へと導く。1991年に監督就任したトレヴィーゾではリーグ優勝2回(1994年、1996年)、コッパ・イタリア優勝(1993年)、CEVカップ優勝2回(1991年、1993年)、1995年欧州チャンピオンズリーグ初優勝をもたらし、1990年代後半から黄金期を築くトレヴィーゾの礎を作った。1996年からギリシャA1リーグ・オリンピアコスの監督を務め、ギリシャ代表監督の指揮も執った。イタリアに戻り監督就任したローマでは、2000年に自身にとって4度目となるセリエAのリーグ優勝を飾った。

2003年から2007年にかけてイタリア代表監督として采配を振り、2003年ワールドカップ銀メダル、2004年アテネオリンピック銀メダル獲得をはじめ、欧州選手権2連覇(2003年、2005年)、ワールドリーグ(2003年3位、2004年準優勝)、ワールドグランドチャンピオンズカップ(2005年3位)など、ナショナルチームにも数々のメダルをもたらす。しかし、2006年世界選手権で2大会連続メダルを逃し、2007年欧州選手権6位と成績低迷したのを受け、同大会でスペインを初優勝へ導いたアンドレア・アナスタージに代表監督の座を譲った[2]

バレーボール指導者の経歴の他、サッカーユヴェントスFCで役職を務め[3]2009年からはASローマの役職を務めている[4]

指導歴[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]