バレリオ・ベルミリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バレリオ・ベルミリオ
Valerio Vermiglio
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Valerio Vermiglio.jpg
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 1976年3月1日(38歳)
出身地 メッシーナ
ラテン文字 Valerio Vermiglio
身長 190cm
体重 83kg
選手情報
所属 イタリアの旗 パッラヴォーロ・ピアチェンツァ
ポジション S
利き手
スパイク 342cm
ブロック 320cm
 
獲得メダル
Flag of Italy.svg イタリア
オリンピック
2004 男子バレーボール
ワールドカップ
2003 男子バレーボール
テンプレートを表示

バレリオ・ベルミリオ(Valerio Vermiglio, 1976年3月1日 - )は、イタリアの男子バレーボール選手。メッシーナ出身。ポジションはセッターバレーボールイタリア男子代表

来歴[編集]

1986年、10歳の時に地元のユースチーム・メッシーナでバレーを学ぶ[1]。シスレー・トレヴィーゾのユースチームへ移り、1994年セリエAシスレー・トレヴィーゾへ18歳で入団[1][2]。その後クラブを転々としたのち、2002年から再び古巣トレヴィーゾでプレーし、2007年までの在籍中に通算5度のリーグ優勝をはじめ[1][2]、コッパ・イタリア優勝、スーペルコッパ・イタリアーナ優勝、欧州チャンピオンズリーグ優勝に貢献した[1][2]

2011年からはロシアリーグでプレーし、ゼニト・カザン在籍時の2011/12シーズンにリーグ優勝、ロシアスーパーカップ優勝、欧州チャンピオンズリーグ優勝に貢献し[1]、ベストセッター賞を受賞[3]。2014年7月、セリエAのピアチェンツァへ移籍した[1]

1999年5月28日シドニーで行われたオーストラリア-イタリア戦(0-3)で代表デビューを果たし[1][2][4]1999年ワールドリーグの優勝を経験[2][4][5]。銀メダルを獲得した2003年ワールドカップ後からマルコ・メオーニと代わり、イタリア代表の正セッターとなり、2004年アテネオリンピックの銀メダル獲得に貢献した[1][2][5]。2003年欧州選手権、2005年欧州選手権では大会連覇を達成し[1][2][5]、2005年ワールドグランドチャンピオンズカップで銅メダルを獲得[1]2008年北京オリンピックに2大会連続で出場した[2][5]。2010年に代表から退いた[1]

2000年7月にイタリア共和国功労勲章カヴァリエーレ[1][6]、2004年9月に同功労勲章ウッフィチャーレを受章した[1][7]

球歴[編集]

ナショナルチーム代表歴
クラブチーム優勝歴

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m Colpo Biancorosso: Vermiglio Torna In Italia”. Copraelior (2014年7月3日). 2014年12月4日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h Valerio Vermiglio”. Associazione Medaglie d'Oro al Valore Atletico. 2014年12月2日閲覧。
  3. ^ Zenit KAZAN shatters PGE Skra dreams of home glory”. CEV (2012年3月18日). 2014年12月4日閲覧。
  4. ^ a b TIM All Star Volley 2005/2006”. Legavolley. 2014年12月2日閲覧。
  5. ^ a b c d Player's biography”. FIVB World League 2010. 2014年12月2日閲覧。
  6. ^ Cavaliere Ordine al Merito della Repubblica Italiana”. 2014年12月4日閲覧。
  7. ^ Ufficiale Ordine al Merito della Repubblica Italiana”. 2014年12月4日閲覧。

外部リンク[編集]