リン・パトリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リン・パトリック(Lynn Patrick 1912年2月3日-1980年1月26日)はカナダブリティッシュコロンビア州ビクトリア出身のアイスホッケー選手。

経歴[編集]

レスター・パトリック英語版の長男[1]として生まれた彼は、叔父がフランク・パトリック英語版という(父親、叔父ともにホッケーの殿堂入りを果たす)ホッケー一家に生まれた彼はプロホッケー選手になりたいと願った[2]。父親、叔父は共にディフェンスマンであったが彼はフォワードとなりレフトウィング、センターとしてプレーした[1]

1933-34年シーズン、モントリオール・ロイヤルズ英語版で過ごした後、1934年に父親が監督をしているニューヨーク・レンジャースに入団したが1年目のシーズンは惨憺たるもので、ファンやマスコミは彼に対して冷ややかであり本拠地のマディソン・スクエア・ガーデンブーイングにさらされた[1]。彼はフィギュアスケート選手のソーニャ・ヘニーからソーニャとあだ名され、レンジャースのファンには"We want Somers"(元選手のアート・サマーズ英語版)と唱えられる始末であった。

2シーズン目にはプレーオフ9試合で3ゴールをあげた。1940年にチームはスタンレー・カップを獲得、1940-1941年シーズンにはブライアン・ヘクストール英語版と共にチームトップタイの得点をあげ、1942年にリーグトップの32ゴールをあげて、オールスターファーストチーム[1]レフトウィングに選出され、1943年にもリーグ4位の22得点をあげて[1]セカンドチームに選ばれた[2]

第二次世界大戦に彼も従軍し、大戦終了後1945年にレンジャースに復帰したがそれまでのプレーを見せることはできず[1]、1946-1947シーズン、アメリカン・ホッケー・リーグニューヘブン・ランブラーズ英語版でプレーし現役を引退した。1947年にランブラーズのヘッドコーチに就任、翌1948年フランク・バウチャー英語版に代わりレンジャースのヘッドコーチに就任し1950年にはチームをスタンレー・カップファイナルに導いた[1]。その後、1950-51シーズンよりアート・ロスの後任としてボストン・ブルーインズのヘッドコーチ、1955年からはゼネラルマネージャーも兼任しブルーインズの黄金期を演出した[1]。1965年まで務めた後1967年に新加入のセントルイス・ブルースで初代ヘッドコーチ兼ゼネラルマネージャーとなり、スコッティ・ボウマン英語版を見出した[2]

1980年1月26日、セントルイス・アリーナでのセントルイス・ブルースとコロラド・ロッキーズの試合を観戦した帰り心臓発作により自動車事故を起こしミズーリ州セントルイスで亡くなった[1]。その年ホッケーの殿堂に選出されている[1]

2009年にJohn Wiley & Sonsより発行された「100 Ranger Greats」(レンジャースの偉大な100人)の中で27位にランクされている。

家族[編集]

父親のレスター・パトリック、叔父のフランク・パトリック、息子のクレイグ・パトリック英語版もホッケーの殿堂入りを果たしている。また弟のマズ・パトリック英語版もレンジャースでプレーした。

映画女優のドロシー・パトリック英語版と結婚、息子を1人もうけたが離婚、再婚相手との間にピッツバーグ・ペンギンズのゼネラルマネージャーとなり殿堂入りを果たすクレイグ・パトリックをもうけた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j Joe Pelletier (2008年4月). “Lynn Patrick”. nyrangerslegends.blogspot.com. 2011年5月30日閲覧。
  2. ^ a b c Biography”. ホッケーの殿堂. 2011年5月30日閲覧。

外部リンク[編集]