リボーン (家庭教師ヒットマンREBORN!)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
家庭教師ヒットマンREBORN! > 家庭教師ヒットマンREBORN!の登場人物 > リボーン (家庭教師ヒットマンREBORN!)

リボーンは、天野明作の漫画作品『家庭教師ヒットマンREBORN!』に登場する架空の人物。アニメ版での声はニーコ。大人リボーンの声は成田剣


人物[編集]

10月13日生まれの天秤座。血液型不明。身長40cm、体重3.7kg。出身国不明。好きな飲み物はエスプレッソコーヒー。好物はボンゴレフィットチーネ、奈々(ツナの母)の作った食事。趣味は昼寝、ツナの教育、武器の手入れ。チャームポイントはもみ上げ。少なくとも4人の愛人を持ち、ビアンキはその4番目。季節によりカブトムシトンボを部下に情報収集をする。

外見は2頭身の赤ん坊。愛銃はチェコ製のCz75の1ST(アニメではレオンが変化した銃を使用)。早撃ちのタイムは0.05秒以下という腕前である。黒帽子に黒服という出で立ちで、帽子には記憶形状カメレオンレオンを乗せている。

本職は凄腕で知られる殺し屋(ヒットマン)。その傍ら頼りないボス候補者を鍛え上げる家庭教師をしており、少なくとも物語の8年前にはディーノを指導していた。その後、ボンゴレIX世の要請を受け、沢田綱吉をボンゴレX世に相応しい人物へと鍛えるべく来日した。

ボンゴレIX世との誓いで「生徒の勝負には手は出さない」というものがある。

一般人には優しく接するが、ツナやファミリーには徹底して厳しい態度をとる。「格下は相手にしない」「自分のパシリは自分で締める」等、独自の美学(ツナ曰く「リボーン美学」)を持つ。クールだが無表情なため後先考えずに行動しているように見える節があり、基本的に何を言われても感情を荒らげたり、冷静さを失うことも滅多にないが格下に馬鹿にされると激昂する。

また、アルコバレーノになる前は殺し屋らしく、他人を寄せ付けない冷たい雰囲気を持っていた描写があった。その時に知り合ったルーチェに対しては何らかの感情を持っていた節がある。

作中での戦闘シーンはあまり無いが、戦闘力はアルコバレーノ最強。アニメのアルコバレーノ編では自分の試練でツナと守護者達(ランボを除く)を圧倒するほどの実力を見せ付けた。

変装[編集]

作中では様々な人や物に変装するが、なぜかツナ以外には見破れないほどの完璧さを誇る。中には変装というより仮装やコスプレの域のものもあり、時として女装もする。リボーンの変装に伴い、レオンもそれにまつわるものに変身する。なお、アニメ『VSヴァリアー編』DVDジャケット背表紙やCCGなどのメディアミックスものでは、他の作中キャラのコスプレも披露している。

変装の代表的なものにとして、以下の例が存在する。

パオパオ老師
タイのムエタイの達人。度々笹川了平の前に姿を現す。
ボリーン博士
天才数学者。時折数学界に現れ、難題を解くとされている。
リボ子
謎の女性。なぜか常に自らの髪をしゃぶっている。口癖は「なめないで!」である。

アルコバレーノ[編集]

リボーンは呪われた赤ん坊「アルコバレーノ」と呼ばれる7人のうちの一人であり、その証として黄色のおしゃぶりを持つ。

かつては最強の殺し屋として活躍していたが「運命の日」に“選ばれし7人(イ・プレシェル・ティ・セッテ)”として集められた1人で、何らかの呪いを受けて赤ん坊のに戻った。直後はそのことをすぐには受け入れられなかったが、長い放浪の末に受け入れる決心をし、Dr.シャマルの助けにより過去の経歴を抹消して現在に至る。

ボンゴレリング争奪戦終了時点で年齢は2歳とされているが、「ボリーン」の名で幻の天才数学者として知られていたり、少なくとも8年以上前からディーノの家庭教師を数年間していたりと未だ謎は多い。

レオン[編集]

リボーンが帽子の上に乗せている形状記憶カメレオン。身長25cm、体重0.15kg。出身国はイタリア。好きな場所はリボーンの帽子の上。好物はハエ。趣味はものづくり、変身。好きな形状はダウジング棒(ロッド)、スリッパ[1]。ディーノはレオンを気に入り、リボーンにくれるよう頼んだが却下、代わりにエンツィオを貰う。フゥ太の『マフィアに人気のペットランキング』では第一位だが、その際にも誰にもやるつもりはないと(誰も聞いてもいないのに)コメントしている。

形状記憶の特殊能力を持ち、目にしたことがあるものであれば自分のサイズで好きなものに変化できる(アニメでは、放送コードの関係上でリボーンの銃にも変身する)。何か良くない事が起こる前には尻尾が切れ、形状記憶が不安定になり次から次へと様々な物に変身してしまう。

体内では何らかの加工や製造が行われるらしく、ボンゴレ伝統の素弾を体内に埋め込んで3日寝かせることで「死ぬ気弾」が出来、死ぬ気の炎を防ぐ特殊な糸を生成することもできる(死ぬ気弾と糸は同素材でできている)。

リボーンの生徒に試練が訪れると繭になり、孵ったときには新しいアイテムを生み出す。ディーノの時には跳ね馬のムチとスポンジスッポンのエンツィオ、ツナの時にはXグローブ小言弾を生み出した。

他のアルコバレーノも何かの動物と行動を共にしており、赤マルジャンプの絵で『運命の日』の時から行動を共にしているような描写があり、73と関係があるようだが詳細は不明である。

未来編[編集]

入江正一が非73線を照射したことにより、ランボが撃った10年バズーカを避けることができず、10年後(正確には9年と10ヵ月後)に飛ばされる(この時、10年後のリボーンは現代には現れなかった。ラル・ミルチ曰く、10年後の彼は死亡している)。

10年後の世界では、屋外にアルコバレーノに有害な非73線が照射されているため、ジャンニーニの作った特殊なスーツを着なければならず、バリアのあるアジトから出ることができずにいる。

現代のツナ達と再会後は、ミルフィオーレ日本支部への突入作戦に備えて山本武の家庭教師として指導、時雨蒼燕流特式十の型燕特攻の完成を手助けし、特訓前の約束どおり山本にアルコバレーノの秘密を教えている。本作戦時もボンゴレファミリー日本支部から出る事はないが、ツナのレシーバーに内蔵された映写機から投影された3次元映像としてツナをサポートしている。

ミルフィオーレ日本支部で入江正一から真実を聞き、直後に白蘭からチョイスの開催を言い渡され、イタリアから駆け付けてきたディーノとスクアーロと共にツナ達を指導した。チョイス戦では非73線対策がされている基地ユニットの中に入りツナ達に同行、観覧席でツナ達と真6弔花の勝負を見届けた。

一時は優勢に立っていると思われたが、逆転され敗北。白蘭にボンゴレリングと自身のおしゃぶりを渡すよう要求されるが、意識を取り戻したユニと有幻覚の骸が現れたことにより、バトルフィールドからの脱出に成功する。

ジャンニーニによる新しい非73対策カバーによってボンゴレ基地の外に出られるようになり、ユニを守るために奇襲を受けた基地から脱出し、川平不動産に逃げ込む。その際に自分達やミルフィオーレの事情を知り、ヘルリングによる術によって匿ってくれた川平に不信感を抱き、店を明け渡して旅に出ようとする川平に問い詰めるが、「一つ貸しだよ」と言われて退られてしまう。ディーノから雲雀の勝利の知らせを聞き、基地に残ったスクアーロの安否を確かめるために戻った山本達を見送るが、トリカブトの奇襲を受け、戦いに参戦する。

半壊した川平不動産からツナ達が最初に過去から来た森へと移動し、ユニからここが最終決戦の場となる事を聞かされ、作戦を考案する。その後、γにユニの気持ちを組むよう諭し、決戦では離れた場所からツナ達の戦いを見届けた。

ツナと白蘭との戦いによって発生した73の共鳴による引力によってツナ達の下へと引き寄せられてしまったユニを追い、戦いの場へと赴き、気絶したツナを鼓舞して目覚めさせた。戦いが終決した後、ユニによって復活したアルコバレーノ達と共にマーレリングの力を封印し、この時代で共に戦った10年後の仲間達の記憶を現代の仲間達に伝え、ツナ達と元の世界へと帰還した。

アルコバレーノ編[編集]

ツナたちとともに、一時的に10年前に帰還。「アルコバレーノの印」を得ることを必要とするツナに他のアルコバレーノの情報を教えるが、自身もアルコバレーノであるために詳しくは教えなかった。

その後ツナに第6の試練「ボス力」を与える。必殺技は『カオスショット』。ツナたちはリボーンの試練をクリアできなかったが、第7の試練のツナを見て認め、自身の「アルコバレーノの印」を与えた。

I世ファミリー編[編集]

チョイス戦の後、白蘭と真6弔花に対抗するためにはツナ達の更なるパワーアップが必要と考え、ユニと共に初代ボンゴレファミリーの認定試験を発案。ツナ達と共に過去へと戻り、他のアルコバレーノ達の力を借りてボンゴレリングから初代ファミリー達の意識を実体化させる事に成功する。

認定試験が始まり、ユニにアリアから預かった大空のおしゃぶりを渡した後、守護者への指導では了平の家庭教師を担当し、度々笹川家に訪れていた。霧の認定試験では、デイモンの幻影を打ち破るためにアルコバレーノ達を集めてツナ達の援護をした。

継承式編[編集]

9代目からツナの正式なボスとなるための継承式の開催の知らせを受け、ツナにその事を伝える。継承式の数日前に転校してきたシモンファミリーとの合同警護の際に彼らの実力を見極めていた。

ボスとなる事を未だに拒むツナに対して9代目に直接断るよう言い、ツナと共に9代目の下へと赴いた。継承式の前日に山本が重傷を負った知らせを聞き、山本が残したメッセージからボンゴレに代々伝わる「罪」が敵に狙われていると推測し、ツナ達にその事を教えた。犯人を突き止めるために山本の不在を悟られぬよう、クロームに継承式では幻覚で山本が健在しているように見せる事を提案する。

継承式当日では、正体を現したシモンファミリーによってクーデターが発生し、ツナ達はボンゴレリングを砕かれ敗北してしまう。シモンファミリーが退った後に現れたタルボの助けにより、ボンゴレリングをボンゴレギアへと生まれ変わらせる事が可能になったが、そのためには並々ならぬ覚悟の炎が必要とされ、ツナ達がボンゴレギアの原石に炎を点す際に、彼らに仲間達を助け出す思いを引き出させ、最大限の覚悟の炎を点させた事により、ボンゴレギアを完成させた。

シモンの本拠地に出向く際に9代目からツナ達の戦いへの手助けをせぬよう命じられる。シモンとの戦いの中で、彼らの誇りと戦い方に矛盾を感じたリボーンは、この戦いに黒幕がいる事に勘付く。正体を現したデイモンと復活した山本との戦いの後、炎真の言葉の真偽をツナに問い掛け、ツナの覚悟を確認した。ツナと炎真の決着の後に復讐者が過去のアイテムとして取り出した透明なおしゃぶりを見て今までにない程に動揺する。ツナ、クローム、炎真以外の守護者達が新生デイモンの出現により、幻覚空間に移されてしまい、クロームと共にツナ達の戦いを見届ける事となる。

虹の代理戦争編 [編集]

復讐者の透明なおしゃぶりの事をアルコバレーノに伝えるためアルコバレーノ全員にそれぞれの一部分が欠けた手紙を送り透明なおしゃぶりの事をはなす。その後鉄の帽子の男に夢を使って接触、代理戦争の話を持ちかけられる。当初は断ろうとするものも結局引き受けることにしてツナ、獄寺、了平、ディーノに代理を頼む

技・使用武器など[編集]

 死ぬ気弾
ボンゴレファミリー#死ぬ気弾を参照。
小言弾
家庭教師ヒットマンREBORN!#特殊弾を参照。
絶対魔拳
家庭教師ヒットマンREBORN!#必殺技を参照。
カオスショット
リボーンの必殺技、アニメのアルコバレーノ編では光弾が枝分かれする技、虹の代理戦争では、地面に放った弾丸を相手の頚動脈に下から当てる技となっている。

[編集]

  1. ^ いずれもツナとのコンビネーションの際の変身である。