リトル・ドリット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リトル・ドリットLittle Dorrit)は、チャールズ・ディケンズの小説。1855年から1857年まで連載。

日本では1995年にちくま文庫より出版(小池滋)。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

エイミー・"リトル"・ドリット
主人公。マーシャルシー刑務所で生まれた。
ウィリアム・ドリット
リトル・ドリットの父。
ミス・ドリット
クレナム夫人
リトルを雇った女性。
アーサー・クレナム
クレナム夫人の息子。家族が過去にドリット家に対する過ちを犯したと考えている。

映像化[編集]

これまで1913年、1920年、1934年、1988年に映画公開。

2008年にBBCよりテレビドラマ化。

作品自体高い評価を受けてプライムタイム・エミー賞 作品賞 (ミニシリーズ部門)を受賞した。

外部リンク[編集]