ライト・ミルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チャールズ・ライト・ミルズCharles Wright Mills1916年8月28日 - 1962年3月20日)はアメリカ社会学者である。

人物[編集]

テキサス州生まれ。1941年、ウィスコンシン大学で博士号を取得、メリーランド大学準教授となる。第2次大戦後の1946年から没年まで、コロンビア大学教授を務めた。

研究・業績[編集]

出世作『ホワイト・カラー』では、新中間層が増加した理由を述べ、さらにその政治的な無関心さを指摘した。続く『パワー・エリート』ではアメリカ社会の支配構造を分析し、激しく糾弾した。ミルズにはマルクス主義への接近もみられたものの、急逝のため、理論的な統合は実現しなかった。

パワー・エリート[編集]

パワー・エリートとはアメリカ社会の政策決定に対し、独占的な影響力を行使できるとされる権力層のことである。そうしたパワーエリートは、政治・経済・軍事の各分野に於けるヒエラルキーのトップであり(政府機関幹部、政治指導者、大企業幹部、軍幹部など)、ミルズは、これら権力層が権力構造維持による利益の一致から協力して大衆を操作していると分析した。パワー・エリートは必ずしも階級とは関係が無く、制度化されたポストに就いている人びとであるという点で、マルクス主義的な定式化とは異なり、経済一元論から脱して権力支配層を摘出した点で評価された。

パーソンズ批判と社会学的想像力[編集]

また、パーソンズを頂点とするアメリカ社会学界の正統派(構造機能主義)への痛烈な批判の展開者としても知られる。このなかで提唱された「社会学的想像力」の概念は、社会学のあり方を考える上で重要な概念として、広い視野を持ち大きな問題と向き合うことの重要性を語った。このことは今日でも多くの社会学者によって言及されている。それは、「一人の人間の生活と、一つの社会の歴史とは、両者をともに理解することなしにはそのどちらの一つも理解することができない」(『社会学的想像力』邦訳4頁)と考える想像力である。

邦訳著書[編集]

単著[編集]

  • 『ホワイト・カラー - 中流階級の生活探究』(創元社、1957年)
  • 『パワー・エリート(上・下)』(東京大学出版会、1958年)
  • 『第三次世界大戦の原因』(みすず書房、1959年)
  • 『キューバの声』(みすず書房、1961年)
  • 『マルクス主義者たち(上・下)』(青木書店、1964年)
  • 『社会学的想像力』(紀伊國屋書店、1966年)
  • 『社会学とプラグマティズム - アメリカ思想研究』(紀伊國屋書店、1969年)
  • 『権力・政治・民衆』(みすず書房、1971年)
  • 『新しい権力者 - 労働組合幹部論』(青木書店、1975年)

共著[編集]

  • (H・ガース)『マックス・ウェーバー - その人と業績』(ミネルヴァ書房、1962年)
  • (H・ガース)『性格と社会構造 - 社会制度の心理学』(青木書店、1970年)
  • (R・K・ゴールドセン、C・シニア)『プエルトリカン・ジャーニー - ニューヨークに惹きつけられた移民たち』(恒星社厚生閣、1991年)

関連項目[編集]

Bibliographi[編集]

<書評>伊奈正人著「ミルズ大衆論の方法とスタイル」 Masato Ina, C. Wright Mills and Mass Society : His Style and Methodology

外部リンク[編集]