ラアス・アル=ハイマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラアス・アル=ハイマ首長国
إمارة رأس الخيمة
ラアス・アル=ハイマ首長国の国旗
国旗
位置
ラアス・アル=ハイマ首長国の位置の位置図
ラアス・アル=ハイマ首長国の位置
座標: 北緯25度47分 東経55度57分 / 北緯25.783度 東経55.950度 / 25.783; 55.950
歴史
旧名
創設者
行政
アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦
 首長国 ラアス・アル=ハイマ首長国
 首都 ラアス・アル=ハイマ
 最大都市 ラアス・アル=ハイマ
首長名 サウード・ビン・サクル・アル=カースィミー
地理
面積  
  市域 1,683 km²  (650 mi²
    陸上
    水面    km²
      水面面積比率
標高
人口動態
人口 (2008年現在)
  市域 263,217 人
    人口密度
  備考
民族
 
 
 
 
言語
 
 
 
 
その他
等時帯
  夏時間
ISO 3166-2
公式ウェブサイト:

ラアス・アル=ハイマアラビア語: رأس الخيمةraʾs al-ḫaimah)は、アラブ首長国連邦を構成する首長国のひとつ。同連邦の北東端にあり、北部はオマーン飛び地ムサンダム半島に接する。

主要都市は、首都であるラアス・アル=ハイマ。都市人口は19万1753人(2007年)[1]ラアス・アル=ハイマ国際空港がある。

かつてはペルシャ湾の貿易に従事する海運国だった。現在では農耕を主産業とし、ナツメヤシや野菜や果物を生産する。1972年、他の連邦構成国の中で遅れて最後に連邦に加入した。

ドバイから自動車で45分という地の利を生かしてラアス・アル=ハイマ自由貿易ゾーン英語版RAKFTZ)が設けられ、経済発展が見込まれている。

アラブ首長国連邦の各首長国


12月の平均気温は16度~25度C、7月は30度~40度Cだが、夏季は50度Cに達することもあり、湿度も高い。冬季に雷雨を伴う降雨が稀にある。 石油を産出しないため、経済は連邦予算に依存するところがあるが、漁業・農業のほか、不動産・観光・建築資材(セメント)・ハイテクなどの産業もある。交通手段として鉄道は無く、低料金のバスに加え、国内と近隣連邦諸国へタクシーの利用が盛んである。国際空港がある。

参照[編集]

  1. ^ http://www.worldstatesmen.org/United_Arab_Emirates.html#al-Khaimah

外部リンク[編集]

ニュース