首長国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

首長国(しゅちょうこく)は、イスラム世界君主の称号の一つである「首長(アミール、amīr)」が君臨する国家のことを指し、君主制の一形態である。英語ではアミールの英語表記"Emir"から「Emirate」と表記される。かつての日本では「土侯国」と訳されたこともあるが、侮蔑的だとして現在は使われない。首長が絶対的な権力を持つ絶対君主制を基本としているが、湾岸戦争後、立憲君主制を採用する国も現れ始めた。

かつてのアフガニスタンにおけるターリバーン政権は、自らの国号を「アフガニスタン・イスラム首長国」としていたが、この政権は崩壊している。また、バーレーンは君主の称号を「アミール」から「マリク」に変更し、国号も「バーレーン王国」として自ら立憲君主制へ移行した。

現在の首長国の一覧[編集]

かつての主な首長国[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]