ヨーゼフ・ゴットリーブ・ケールロイター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨーゼフ・ゴットリーブ・ケールロイター
人物情報
生誕 1733年4月27日
ドイツの旗 ドイツカールスルーエ
死没 1806年11月11日(満73歳没)
ドイツの旗 ドイツSulz am Neckar
出身校 テュービンゲン大学
学問
研究分野 植物学
研究機関 カルルスルーエ植物園
主な業績 交雑実験の系統的研究
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ヨーゼフ・ゴットリーブ・ケールロイター(Joseph Gottlieb Kölreuter、1733年4月27日 - 1806年11月11日)はドイツ植物学者メンデル以前の遺伝学の先駆的研究者で、植物生殖器官であり、受精によって種子が生ずること、雑種は両親の中間的性質を示すことなどを説いた。

ベルリン大学ライプツィヒ大学シュトラスブルク大学テュービンゲン大学で植物学と医学を学び、1755年にテュービンゲン大学で医学の学位を得た。1764年からカルルスルーエ植物園博物学教授となり、カメラリウスの研究を受け継ぐ。植物の有性生殖について研究し、広範囲にわたる交雑実験を行った。

外部リンク[編集]