ヨランド・ド・バル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フアン1世とヨランド夫妻の墓石の彫像

ヨランド・ド・バルYolande de Bar, 1365年頃 - 1431年7月3日 バルセロナ)は、ロレーヌ地方のバル公爵家の公女で、アラゴンフアン1世の2番目の妻。スペイン語名はビオランテ・デ・バルViolante de Bar)。

バル公ロベール1世と、その妻でフランス王ジャン2世の娘であるマリーの間に第8子、次女として生まれた。1380年にアラゴン王ペドロ4世の長男ジローナ公フアンと結婚し、1387年に夫の王位継承に伴い王妃となった。

ヨランドは病気がちの夫のために頻繁に国務を代行し、またアラゴン宮廷にフランス文化を持ち込むなどした。王妃は特にプロヴァンス地方出身のトルバドゥールの才能を発掘することに熱心だった。1395年に夫と死別した後は、同名の娘ヨランダの養育に力を注いだ。

子女[編集]

フアン1世との間に7人の子女をもうけたが、成育したのは娘1人だけである。

  • ハイメ(1382年 - 1388年)
  • ヨランダ(1384年 - 1442年) - 1400年、アンジュー公ルイ2世と結婚
  • フェルナンド(1389年)
  • アントニア(1391年 - 1392年)
  • レオノール(1393年)
  • ペドロ(1394年)
  • フアナ(1396年)