ヨシプ・ストルチェル=スラヴェンスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ストルチェル=スラヴェンスキの碑
ストルチェル=スラヴェンスキの彫像

ヨシプ・ストルチェル・スラヴェンスキJosip Štolcer-Slavenski1896年5月11日 - 1955年11月30日)は、クロアチア作曲家

オーストリア=ハンガリー帝国統治下のチャコヴェツで生まれる。ブダペストコダーイ・ゾルターンに、プラハヴィーチェスラフ・ノヴァークに師事し、その後、フランスパリに留学した。1923年ザグレブで音楽教師となったが、1924年ベオグラードに移住した。ヤコヴ・ゴトヴァツとともにクロアチアの伝統音楽の影響を強く受け、国民楽派の作曲家とみなされている。

代表作には「オリエンタル交響曲」「バルカノフォニア」がある。そのほかにピアノ協奏曲ヴァイオリン・ソナタ弦楽四重奏曲、合唱曲、歌曲がある。