ユーライアラス (蒸気フリゲート)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
薩英戦争で艦隊を率いて鹿児島を砲撃するユーライアラス

ユーライアラス英語: HMS Euryalus)は、イギリス海軍の35門木造スクリューフリゲート1853年チャタム工廠で進水。排水量3,125トン、乗員515名。艦名ギリシア神話エウリュアロスに由来する。ユーリアラスカナ転写されることも。

概要[編集]

ユーライアラスは生麦事件の発生した1862年9月14日に横浜に到着した。そして、1863年8月の薩英戦争1864年9月の馬関戦争の際にオーガスタス・キューパー提督旗下の艦隊の旗艦を務めた。

薩英戦争の当時は、35門中17門が後装式のアームストロング砲だが、尾栓からのガス漏れ事故が多くその後使用が禁止された。それ以外にもカロネード砲を16門搭載していた。

馬関戦争では同艦の水兵ダンカン・ボイズがその武勇により17歳という若さでヴィクトリア十字章を授与されている。