ユリウス・フランツ (ザクセン=ラウエンブルク公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユリウス・フランツ

ユリウス・フランツ(Julius Franz, 1641年9月16日 - 1689年9月30日)は、アスカーニエン家最後のザクセン=ラウエンブルク(在位:1666年 - 1689年)。ユリウス・ハインリヒと3番目の妻アンナ・マグダレーナ・フォン・ロプコヴィッツの息子。

1666年、異母兄のフランツ・エルトマンが子の無いまま死んだため、公位を相続した。しかし、ユリウス・フランツにも息子がないため、公位の相続が問題となった。ユリウス・フランツは自分の死後は2人の娘に相続権があると遺言を残して、1689年に亡くなり、ザクセン=ラウエンブルク系アスカーニエン家の男系は断絶した。

ところが、リューネブルクゲオルク・ヴィルヘルムが軍を派遣、ラウエンブルクを占領した。ゲオルク・ヴィルヘルムは父方の曽祖母ドロテアを通してアスカーニエン家の血を引いていたため、相続権を主張したのであった。さらにメクレンブルク=シュヴェリーンホルシュタイン、アンハルト侯国、デンマークスウェーデンも領土を巡って衝突した。

1693年10月9日ハンブルクでゲオルク・ヴィルヘルムとデンマーク・ノルウェークリスチャン5世との間で和睦が成立、ゲオルク・ヴィルヘルムはリューネブルク侯とザクセン=ラウエンブルク公の同君連合を認められた。この2つの領国はゲオルク・ヴィルヘルムの死後は甥で婿のグレートブリテンハノーファー選帝侯ジョージ1世が相続、ハノーヴァー朝のドイツ領国に組み込まれた。

子女[編集]

プファルツ=ズルツバッハクリスティアン・アウグストの娘ヘートヴィヒと結婚、3人の娘を儲けた。

先代:
フランツ・エルトマン
ザクセン=ラウエンブルク公
1666年 - 1689年
次代:
ゲオルク・ヴィルヘルム