ユニタリ変換

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

数学において、ユニタリ変換とは、2つのベクトルの内積の値が変換の前後で変わらないような変換である。

詳細[編集]

より正確には、ユニタリ変換とは2つのヒルベルト空間の間の同型写像である。 言い換えれば、ユニタリ変換は、以下のような全単射である。

U:H_1\to H_2\,

ここでH_1H_2はヒルベルト空間であり、H_1上のすべてのxyについて

\langle Ux, Uy \rangle = \langle x, y \rangle

ユニタリ変換は等長写像である。

H_1H_2が同じ空間の場合、ユニタリ変換はそのヒルベルト空間の自己同型写像ユニタリ演算子と呼ばれる。

反ユニタリ変換[編集]

反ユニタリ変換は以下のような複素ヒルベルト空間の間の全単射である。

U:H_1\to H_2\,

ここでH_1上のすべてのxy

\langle Ux, Uy \rangle = \overline{\langle x, y \rangle}=\langle y, x \rangle

ここで水平バーは複素共役を表す。

See also[編集]