ユニス・ジェプコエチ・サム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユニス・ジェプコエチ・サム
Eunice Jepkoech Sum
Portal:陸上競技
Eunice Jepkoech Sum 2010 ISTAF Berlin.jpg
選手情報
国籍 ケニアの旗 ケニア
競技 陸上競技
種目 800m1500m
生年月日 1988年4月10日(26歳)
生誕地 ケニアの旗 ケニアリフトバレー州Uasin Gishu County
自己ベスト

800m: 1分57秒38(2013年)[1]

1500m: 4分02秒05(2013年)[1]
編集 テンプレートのヘルプを表示する

ユニス・ジェプコエチ・サム(Eunice Jepkoech Sum、1988年4月10日 - )は、中距離走を専門とするケニア陸上競技選手[2]北京オリンピックの銅メダリストであるアルフレッド・キーワ・イエゴいとこである[3]

経歴[編集]

モイ大学英語版中等昼間学校で、七種競技ハンドボールの選手として2年間プレーし、その後400mに転向、校内大会で決勝に進んだところ、コーチから800mの才能を見出され、中距離走選手となる[4]2011年韓国大邱で開かれた世界選手権で800mに出場し、準決勝で4位となり、決勝には進めなかった[4]

2012年ロンドンオリンピックでは1500mに出場するも、4分16秒95で、予選落ちした。2013年世界選手権ロシアモスクワ)では800mに出場、自己新記録となる1分57秒38をマークして金メダルを獲得した[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b "Eunice Jepkoech SUM"IAAF Diamond League(英語、2013年8月22日閲覧。)
  2. ^ Eunice Jepkoech Sum”. London 2012. The London Organising Committee of the Olympic Games and Paralympic Games Limited. 2012年9月12日閲覧。
  3. ^ Sum rolls to Daegu under Jepkosgei's wing”. Capital FM. (2011年8月3日). 2014年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月10日閲覧。
  4. ^ a b Kenya athletics"Eunice Jepkoech Sum"<ウェブ魚拓>(英語、2013年8月22日閲覧。)
  5. ^ WorldChampionships."Results"IAAF. (2013年8月18日閲覧。)

外部リンク[編集]