モード・バーガー=ウォラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モード・バーガー=ウォラック Tennis pictogram.svg
Mrs Barger Wallach.jpg
モード・バーガー=ウォラック
基本情報
ラテン文字名 Maud Barger-Wallach
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・ニューヨーク
生年月日 1870年6月15日
没年月日 1954年4月2日(満83歳没)
死没地 同・ボルチモア
利き手
4大大会最高成績・シングルス
全仏 1回戦(1931)
全米 優勝(1908)
4大大会最高成績・ダブルス
全米 準優勝(1912)

モード・バーガー=ウォラックMaud Barger-Wallach, 1870年6月15日 - 1954年4月2日)は、アメリカニューヨーク出身の女子テニス選手。人生の遅い年齢からテニスを始め、1908年全米選手権女子シングルスに38歳で優勝した選手である。彼女はリチャード・ウォラック(Richard Wallach)と結婚し、選手生活を始めた時はすでに2つの姓を併用していた。

モード・バーガー=ウォラックは「私は30歳からテニスを始めた」と語ったが、そのような遅い年齢で始めたにもかかわらず、36歳だった1906年に初めて全米選手権の「チャレンジ・ラウンド」決勝に勝ち進んだ。初期の全米選手権は、「チャレンジ・ラウンド」(挑戦者決定戦)から「オールカマーズ・ファイナル」(大会前年優勝者とチャレンジ・ラウンド勝者で優勝を争う)への流れで優勝者を決定した。バーガー=ウォラックはチャレンジ・ラウンド決勝でヘレン・ホーマンズに敗れたが、大会前年度優勝者のエリザベス・ムーア1905年を最後に現役を引退したため、1906年度のオールカマーズ・ファイナルは実施されなかった。この場合はチャレンジ・ラウンドの優勝者と準優勝者を優勝記録表に掲載するため、1906年の全米選手権女子シングルスはホーマンズが優勝、バーガー=ウォラックが準優勝者になる。

2年後の1908年、モード・バーガー=ウォラックは2年ぶり2度目のチャレンジ・ラウンド決勝でマリー・ワーグナーを破り、初めてオールカマーズ・ファイナルへの出場資格を獲得する。オールカマーズ・ファイナルでも大会前年度優勝者イブリン・シアーズを 6-3, 1-6, 6-3 で破り、バーガー=ウォラックは「38歳」で全米選手権女子シングルス初優勝を飾った。これは当時の全米女子最年長優勝記録であったが、18年後の1926年モーラ・マロリーが「42歳」で彼女の最年長優勝記録を更新した。翌1909年のオールカマーズ・ファイナルにおいて、前年優勝者のバーガー=ウォラックはヘイゼル・ホッチキスに 0-6, 1-6 で完敗し、タイトルを明け渡してしまう。その後は1912年に女子ダブルス準優勝があり、1916年に46歳で女子シングルスのベスト8に入った。1931年全仏選手権に61歳で出場した記録も残っている。[1]

高齢のチャンピオンとしてテニスの歴史に名前を残したモード・バーガー=ウォラックは、1954年4月2日ボルチモアで亡くなり、ロードアイランド州ニューポートに埋葬された。この地に国際テニス殿堂が設立され、バーガー=ウォラックは没後4年目の1958年に殿堂入りを果たしている。

外部リンク[編集]