モスクワ・サンクトペテルブルク鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モスクワのレニングラード駅

モスクワ・サンクトペテルブルク鉄道ロシアの二大都市、サンクトペテルブルクモスクワとを結ぶ鉄道で、全長は649.7km。1842年に建設を始め、1851年に完成している。当時は、両都市を結ぶ道路がニコラエフスキー道路と呼ばれていたので、この道路もその沿線のニコラエフスキー鉄道と呼ばれていた。現在は、ロシア鉄道公開株式会社十月鉄道支社が運営・管理している。

行程[編集]

モスクワはレニングラード駅を出発し、途中駅はクリムトヴェリリホスラヴリヴイシニー・ヴォロチョークボロゴエマーラヤ・ヴィシェラチュドヴォなどがあり、サンクトペテルブルクのモスクワ駅で終着となる。

列車[編集]

普通列車以外に、多くの急行列車が運行されている。いくつかの直行特急列車を挙げると[1]

列車番号 出発地 - 経由地 - 終着駅 モスクワ S. P. 所要時間 コメント
166А モスクワ - S.P. 19:00 23:30 4h 30m 北のパルミラ」号。直行列車の内で最も速い。
032В モスクワ - S.P. - ヘルシンキ 22:50 06:02 7h 12m 近隣諸国への国際列車の一つ
054Ч モスクワ - S.P. 23:40 08:35 8h 55m 直行列車の内で最も遅い。
002А モスクワ - S.P. 23:55 07:55 8h 00m 赤い矢」号寝台特急
004А モスクワ - S.P. 23:59 08:00 8h 01m 「エクスプレス」号寝台特急
038А モスクワ - S.P. 00:30 08:48 8h 18m 「メガポリス」号寝台特急

となり、最短時間は4時間半で結ばれている。特急寝台列車は以前「クラースナヤ・ストレラー」(赤い矢)だけであったが、現在はこれも入れて3編成ある。フィンランドエストニアなど近隣諸国への国際列車もここを経過して行く。

現在、快速列車「サプサン」の輸入がすでに始まっており、今後さらに高速化される予定である。

脚注[編集]

関連項目[編集]