モグラ叩き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モグラ叩きを転用したエレメカ "Whac-A-Mole-Dog"

モグラ叩き(モグラたたき)は、エレメカの一種。遊技台に開いたいくつかの穴から出入りするモグラなどの人形を、ハンマーで叩いて得点を競うゲームの総称である。

概要[編集]

最初のモグラ叩きは、1975年カトウ製作所が開発し、トーゴ(東洋娯楽機)によって発売されたエレメカ機『モグラ退治』である。ゲーム機にコインを投入すると、人工芝に覆われた台に開いた8つの穴から代わる代わるモグラが頭を出し、それを備え付けのハンマーで叩くと1点が加算される。ゲームは1分ほどの制限時間があり、時間内の得点を競う。20点以上を獲得するとゲーム機から賞賛の声が発せられるが、19点以下の場合は笑われてしまう。シンプルで分かり易いゲーム性ゆえに『モグラ退治』は大ヒット商品となった。

トーゴはその後も、SF風の『UFO MOGURA』、対戦型の『対抗もぐら』、キャラクターを河童にした『カッパ退治』など、様々なタイプのモグラ叩きゲームをリリースし続けた。トーゴは世界中の遊園地にローラーコースターなど大型遊具を販売する会社だったが、その中でもモグラ叩きゲームは最もよく売れたという[1]

トーゴの『モグラ退治』の大ヒットに伴い、エレメカ市場では競合他社からも多数の類似商品が発売されている。例えば、1989年に発売されたナムコの『ワニワニパニック』は水平方向に開いた穴の奥から顔を出すワニを叩くゲームで、のちにバンダイナムコゲームス代表取締役社長となる石川祝男が開発責任者だった。

アミューズメントゲームだけではなく、家庭用の玩具としても数多く発売されている。1977年バンダイから発売された純玩具『モグラたたきゲーム』は、モグラ叩きゲームが既にアミューズメントマシン市場で大ヒットしていたこともあり、100万個を超える大ヒットとなった。バンダイと南部工業株式会社(静岡県)の共同開発商品で、南部工業の開発デザイナーだった田辺俊之が原案、デザインをした。この商品は社会現象にまでなり、政治家の顔を使ったモグラ叩きなども出回った。その後、『ウルトラマンたたきゲーム』、『ごきぶりたたきゲーム』といった類似玩具を発売するが、こちらはヒットしなかった。

その他、家庭用ゲーム機ファミリーコンピュータでは、1989年にアイ・ジー・エスより『スーパーモグラたたき ぽっくんモグラー』が専用のマットとハンマー付きで発売された。

モグラ叩きをテーマとしたパチスロ機『モグモグ風林火山』(ネット)も存在する。

また、コナミの『パンチマニア 北斗の拳』は、6個のターゲットパッドをランプの指示に従ってパンチで叩く仕様で、モグラ叩きを縦にしたものと考えることができる。

家庭用の玩具ではモグラを機械的に上下させる代わりに、頭頂部のLEDを点灯させることで叩くタイミングを知らせる仕様の商品がある。

転用[編集]

次々に頭を出すモグラを順に叩く様から、抜本的ではない対症療法的な対策の比喩として用いられる。

テレビ番組などでの使用例[編集]

テレビアニメ[編集]

タイムボカンシリーズヤッターマンフジテレビ系列)
第61話「マンジュとスシ王だコロン」で、ラストの「おしおき」に使用。逃走中のドロンボー一味がドクロベーによって地中に放り出され、脱出しようと地上に現れた所をハンマーメカでボカボカ殴られた。
タイムボカンシリーズ・ゼンダマン(フジテレビ系列)
第4話「ヤメタイ国だよ! ゼンダマン」で、こちらもラストの「おしおき」に使用。「『予算不足』を理由にいい加減なメカを作って敗れた」という責任で、トボッケーが「モグラ叩きの刑」の処せられ、トボッケーはモグラにされた。
タイムボカンシリーズ・イタダキマン(フジテレビ系列)
第4話「笑って笑ってネアカになーれ」で、モグラ妖怪ネクラーンが「秘技・根暗騙くらかし」で地底を移動しまくってイタダキマンを翻弄し、最後は地底から「ネクラに笑われますぞ!!」(低得点時のメッセージ「モグラに笑われますぞ!!」のパロディ)とプラカードを出してからかう。
Yes!プリキュア5GoGo!朝日放送テレビ朝日系列)
第37話「危ない! ファイブDEチャンス!」(後編)で、ミスターマジック(実はエターナル幹部・ムカーディア)とプリキュアの、ゲーム勝負第4戦で使用(第3戦までは前編で)。春日野うらら(キュアレモネード)が歌に乗ってモグラを叩くが、そのモグラ軍団に押さえ込まれて敗退。
スマイルプリキュア!(朝日放送・テレビ朝日系列)
第29話「プリキュアがゲームニスイコマレ〜ル!?」で、バッドエンド王国によりゲーム空間に転送されたプリキュアの、ゲーム勝負第1戦で使用。バッドエンド幹部・マジョリーナとキュアハッピーの戦いで、ハッピーはモグラ(アカンベエ)が出てこないなどのズルをするのにたまりかね、必殺技「プリキュアハッピーシャワー」でモグラを燻り出し、全て叩いて99対98で勝利。

特撮[編集]

太陽戦隊サンバルカン(テレビ朝日系列)
第14話「地球が降伏する日」での等身大戦で、地中に潜った機械生命体アルマジロモンガーを追ってバルパンサーが潜り、顔を出したアルマジロモンガーをバルイーグルとバルシャークがハンマーで叩く。間違えてバルパンサーを叩くご愛嬌場面も。
大戦隊ゴーグルファイブ(テレビ朝日系列)
第43話「死闘! 小判争奪戦」での等身大戦で、地底を移動する合成怪獣ミミズモズーに対し、ゴーグルイエローは個人武器「イエローハンマー」で殴りかかる。またこれより前の劇場版では、合成怪獣モグラモズーがイエローとハンマーでモグラ叩きを繰り広げるが、間違って幹部のイガアナ博士を殴り、しまいにはゴーグルファイブ全員によるハンマー攻撃でダウンする。
地球戦隊ファイブマン(テレビ朝日系列)
第11話「あぶない宝探し」での巨大戦で、銀河闘士モグラルギンが地底移動しながらファイブロボを攻撃するが、ファイブロボの「モグラ叩きハンマー」(この回だけの武器)で叩かれてダウンし、最後は超次元ソード一刀流で撃破。

ゲーム番組[編集]

激突!プロ野球12球団対抗日本シリーズ(フジテレビ系列のプロ野球シーズンオフ用特別番組)
最終放送となった1986年の大会で行う。相手リーグの代表1名が台の下に隠れ、移動しながら穴から顔を出し入れし、選手はその代表をピコピコハンマーで叩く。
輝け!!人気スターチーム対抗大合戦!日本テレビ系列の正月特番)
最終放送の1989年大会で行う。紅白両軍から選ばれた5名ずつ・計10名がモグラ役になって台の下に隠れ、更に紅白から1名ずつ選ばれた「叩き手」が、合図と同時に一斉に出たモグラ役の芸能人をハリセンで叩く。
関口宏の東京フレンドパークTBS系列)
ムーブ枠で放送されていた時のアトラクションで、正式には「巨大もぐらたたき」。1人の制限時間は45秒。普通もぐらは1匹1点、ボスもぐらは2.5秒間で連続10回たたくことが出来れば10点。2人の合計得点が100点以上あればクリア。なおボスもぐらの顔は、支配人(司会)の関口宏の顔がモデルになっている。後に『関口宏の東京フレンドパークII』で行われるアトラクション「チュチュバスターズ」の原型。
VS嵐(フジテレビ系列)
特別企画内にて行う。内容は先述の『激突!プロ野球12球団対抗日本シリーズ』のものとほぼ同一。先攻と後攻に分かれ、顔を出した時間が長かった者が勝利。叩かれてしまった時点でゲームオーバー。

アニメ映画[編集]

忍者ハットリくん ニンニンふるさと大作戦の巻(東宝系アニメ映画)
伊賀忍者の里を占領したメカマロ率いるメカ忍軍は、ハットリくん一行を巨大なモグラ叩きの穴に閉じ込め、パワーショベルの様なアームに付いたハンマーで叩く。ハットリくんは自分が顔を出し入れして敵の注意を引き、仲間の忍者に横穴を掘らせて脱出に成功した。
映画 プリキュアオールスターズDX3 未来にとどけ! 世界をつなぐ☆虹色の花東映系アニメ映画)
後半、「おもちゃの国」に転送された「プリキュアイエローチーム」(ルミナス、レモネード、ローズ、パイン、パッション、サンシャイン、ムーンライト)の「すごろく勝負」に使用。トイマジンが「100点取ったらクリア」と仕掛けるが、穴から現れたのはモグラではなく、かつてプリキュアたちが倒した大量のモンスター軍団だったために大苦戦、なんとか全員で全て倒してクリア。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 浅草花やしき名誉園長、高井初恵へのインタビュー記事[リンク切れ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]