メフメト・アリ・タラート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メフメト・アリ・タラート
Mehmet Ali Talat
Mehmet Ali Talat.jpg

任期 2005年4月24日2010年4月23日

任期 2004年1月13日2005年4月26日

出生 1952年7月6日(62歳)
キプロスの旗 キプロスキレニア(ギルネ)
政党 共和トルコ党

メフメト・アリ・タラートMehmet Ali Talat, 1952年7月6日 - )は、キプロストルコ系政治家で、国際社会では未承認の北キプロス・トルコ共和国第2代大統領。メフメト・アリ・タラトとも表記する。

国際連合の仲介によるキプロス再統一支持派として知られる。

キプロス島北部のキレニア(トルコ語名ギルネ)生まれ。1977年トルコ共和国の首都アンカラにある中東工科大学を卒業、1970年創設のキプロスのトルコ人政党である共和トルコ党に入党し、のちにレフコシャ(ニコシア)選挙区選出議員として北キプロス議会に入った。

1994年に組閣された民主党と共和トルコ党による連立政権で教育文化相として初入閣し、のち副首相。1996年には共和トルコ党の党首に選出された。

2003年12月の総選挙により共和トルコ党を第一党とし、2004年1月にラウフ・デンクタシュ大統領により首相に任命された。

2005年4月より大統領。2010年4月の大統領選では再統一に消極的なデルヴィシュ・エロール首相に敗れた。

関連項目[編集]


公職
先代:
ラウフ・デンクタシュ
北キプロス・トルコ共和国の旗 北キプロス・トルコ共和国大統領
第2代:2005 - 2010
次代:
デルヴィシュ・エロール
先代:
デルヴィシュ・エロール
北キプロス・トルコ共和国の旗 北キプロス・トルコ共和国首相
第5代:2004 - 2005
次代:
フェルディ・サビット・ソイエル (en)