ムランジェ山森林保護区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムランジェ山森林保護区
IUCNカテゴリII(国立公園
Mulanje.jpg
ムランジェ山の概観
ムランジェ山森林保護区の位置を示した地図
ムランジェ山森林保護区の位置を示した地図
地域 ムランジェ
座標 南緯15度55分00秒 東経35度34分10秒 / 南緯15.91667度 東経35.56944度 / -15.91667; 35.56944座標: 南緯15度55分00秒 東経35度34分10秒 / 南緯15.91667度 東経35.56944度 / -15.91667; 35.56944
面積 500 km²
創立日 1927年に設立

ムランジェ山森林保護区(Mulanje Mountain Forest Reserve)は、1927年に設立されたマラウイの保護区である。ムランジェ山保全トラストにより管理されている。

地理的背景[編集]

ムランジェ山は、閃長岩や石英閃長岩、花崗岩といった岩石から構成されており、およそ500km²の山塊から形成されている。

山の周辺は海抜600m-700mの平野であり、人口密集地域となっている。ムランジェ山は、この平野の中に急激な傾斜を持ってそそり立ち、海抜1800-1900mである斜面の上には盆地が形成されている。なお、山頂はサピータピーク(Sapitwa Peak)と呼ばれる地点で標高が3002mであり、マラウイ国内およびアフリカ南中部における最高峰となっている。

ムランジェ山の高い海抜やその地形学的構造から、この地域では11月から4月にかけて高い降雨量が観測されるような独特の気候が見られる。この特徴的な気候により生物の高多様性が育まれ、希少種や固有種が数多く存在するユニークな生態系が発展している。

動物相および植物相[編集]

ムランジェ山固有の植物であるWiddringtonia whyteiウィドリントニア属の樹木:en:Widdringtonia) は激しい伐採により絶滅の危機にあるが、保護区内には貴重なこの植物が自生している。また、その他の植物や動物に関しても数多くの固有種が生息しており、具体的にはノドジロムジヒタキen:Thyolo alethe)やムナジロムジヒタキなどの鳥類、様々なチョウ、ミニマヒメカメレオン(en:Brookesia minima)、ヤモリ科トカゲ科、コガネガエル科(Squeaker Frog)の仲間のほか、手足を持たない珍しい"burrowing skink"などが知られている。

近年、ムランジェ山森林保護区の周囲の土地環境は、近年の人口の増加によって脅かされており、農地の開墾やの採集を目的とした森の伐採や、外来種であるメキシカンパインやヒマラヤンラズベリーの侵食といった問題が生じている。

参考資料[編集]