マジェテ動物保護区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マジェテ動物保護区
IUCNカテゴリII(国立公園
マジェテ動物保護区の位置を示した地図
マジェテ動物保護区の位置を示した地図
地域 マラウイの旗 マラウイ
最寄り チワワ(Chiwawa)
座標 南緯15度58分12秒 東経34度45分35秒 / 南緯15.97000度 東経34.75972度 / -15.97000; 34.75972座標: 南緯15度58分12秒 東経34度45分35秒 / 南緯15.97000度 東経34.75972度 / -15.97000; 34.75972
面積 691km²
創立日 1955年

マジェテ動物保護区(Majete Game Reserve)は、マラウイにある保護区の1つであり、マラウイ南部州に置かれている。

概要[編集]

マジェテ動物保護区は1955年に設立された保護区で、691km²の面積を有する。マラウイ南西部のチクワワ県にあり、シーレ川西側のエリアに置かれている。最寄の町であるチワワからは数マイルの距離であり、この町から徒歩や自転車タクシーで行けるほか、ブランタイヤから車で訪れることもできる。

保護区内にはブラキステギア属の木々による林があるほか、川沿いのエリアには森林も存在する。園内の河川では、カピチラ滝(Kapichira Falls)が有名である。また、野生動物としてはゾウアフリカスイギュウゼブラカバなどのほか、クーズークロテンインパラニアラなど種々のレイヨウといった草食動物が生息しており、肉食動物ではヒョウチーターライオンなどが見られる。また、数多くの鳥類が生息しているのでバードウォッチングにも適している。

2003年に、運営の主体が政府管轄の国立公園・野生生物局からAfrican Parks Networkへ引き継がれて以降、密猟の被害を防ぐために保護地の周囲をフェンスで囲んだり、道路の整備などを行った。このほか、密猟で減少した野生動物を補うため、4000以上の動物を補充している。

また、マジェテ動物保護区内には宿泊施設としてThawaleキャンプが置かれている。

参考資料[編集]