ミニマヒメカメレオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミニマヒメカメレオン
保全状況評価[1][2]
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svgワシントン条約附属書II
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
: カメレオン科 Chamaeleonidae
: ヒメカメレオン属 Brookesia
: ミニマヒメカメレオン B. minima
学名
Brookesia minima Boettger, 1893[3]
英名
Minute leaf chameleon[3][4]

Madagascan dwarf chameleon[5]
Pygmy leaf chameleon[6]
Nosy Be pygmy leaf chameleon[7]
Tiny ground chameleon[8]

Brookesia minima distribution.png
分布

ミニマヒメカメレオンBrookesia minima)は、爬虫綱有鱗目カメレオン科ヒメカメレオン属に分類されるトカゲ。

分布[編集]

マダガスカル北西部およびノシ・ベ[2][9]

模式標本の産地(模式産地)はノシ・ベ[3]

形態[編集]

最大オス2.8センチメートル、メス3.4センチメートル[10]。成体は扁平な頭部を持ち、眼の上には大型の鱗でできた頭冠がある。背に沿って2列の疣状の突起がある。体色は灰褐色で、体側に黄色い縞があることもある。雄は雌より体が細く、尾の基部に半陰茎が収納された膨らみがある。島嶼矮化により非常に小型化しているが、ミクロヒメカメレオンなど本種より小さい種もある[9][10]

分類[編集]

Brookesia dentataBrookesia tuberculataなどのヒメカメレオン類と種群を構成する[9]

ノシマンガベヒメカメレオンB. peyrierasiB. tuberculataは本種のシノニムとされたこともあったが[11]半陰茎の形態などから分割された[3][5]

生態[編集]

標高350メートル以下の多湿林に生息する[2]。カメレオンとしては活動的な種で、低い枝や落葉の間を歩き回ることを好む。同種個体に対して多少の攻撃性を持ち、個体密度は最大で1平方メートルあたり1個体程度である[9]

繁殖頻度は不明だが、1回の産卵数は2個である[9]

人間との関係[編集]

分布域が3,966平方キロメートルと限定的かつ個体群が分断されていること、開発や伐採、焼畑などによる生息地の破壊が懸念されている[2]

飼育下繁殖の報告は少ない。縄張りを持つため、若い個体であっても単独飼育が望ましい。テラリウムの大きさは40cm四方程度は必要で、底には落葉や土を敷き詰める。地上近くを好むため、飼育容器は高さより底面積のほうが重要である。卵は小さく見つけづらいため、孵化するまで親が産んだ場所に放置しておく繁殖家もいる[9]

脚注[編集]

  1. ^ CITES homepage
  2. ^ a b c d Glaw, F. & Jenkins, R.K.B. 2014. Brookesia minima. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3. <http://www.iucnredlist.org>. Downloaded on 15 May 2015.
  3. ^ a b c d Brookesia minima. Uetz, P. & Jirí Hošek (eds.), The Reptile Database, http://www.reptile-database.org, accessed May 15, 2015
  4. ^ Minute leaf chameleon Arkive:Images of Life on Earth
  5. ^ a b Frank Glaw, Miguel Vences, Thomas Ziegler, Wolfgang Bohme and Jorn Kohler. "Specific distinctness and biogeography of the dwarf chameleons Brookesia minima, B. peyrierasi and B. tuberculata (Reptilia: Chamaeleonidae)": evidence from hemipenial and external morphology. Journal of Zoology, Vol. 247, The Zoological Society of London, 1999, p. 225-238.
  6. ^ Chameleon Zoological Society of San Diego
  7. ^ [リンク切れ]Brookesia minima.html WildMadasgar.org
  8. ^ Common names Common names
  9. ^ a b c d e f [リンク切れ][2] AdCham.com: Brookesia minima by E. Pollak
  10. ^ a b Glaw, Frank; Vences, Miguel (1994). A Field Guide to Amphibians and Reptiles of Madagascar 2nd edition. Koln: M. Vences & F. Glaw Verlags GbR. ISBN 3-929449-01-3. .
  11. ^ Klaver, C. & W. Boehme. 1997. Chamaeleonidae. Das Tierreich, 112: i-xiv' 1 - 85. Verlag Walter de Gruyter & Co., Berlin, New York.

参考文献[編集]

  • Klaver, C. & W. Boehme. 1997. Chamaeleonidae. Das Tierreich, 112: i-xiv' 1 - 85. Verlag Walter de Gruyter & Co., Berlin, New York.
  • Martin, J., 1992. Masters of Disguise: A Natural History of Chameleons. Facts On File, Inc., New York, NY.
  • Necas, P. 1999. Chameleons: Nature's Hidden Jewels. Krieger Publishing Company, Malabar, FL.

外部リンク[編集]