ムハル・リチャード・エイブラムス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムハル・リチャード・エイブラムス

ムハル・リチャード・エイブラムスMuhal Richard Abrams, 1930年9月19日 - )は、アメリカ合衆国作曲家編曲家クラリネット奏者、ジャズピアニストシカゴ生まれ[1]モダン・クリエイティブModern Creative)、フリー・ジャズを専門とする。

Association for the Advancement of Creative Musicians(AACM)の発足メンバーの一人にして初代会長を務めた。早期から多くの音楽家と共演し、会長に着任した時期には重要な諸録音をリリースするなど、有力な音楽家として活躍した。彼が作曲した弦楽四重奏曲第2番はクロノス・カルテットによって演奏されている。

これまでに彼の名義による幅広い録音を残し、それらの多くはブラック・セイント・レーベル(Black Saint/Soul Note)から発売された。また、アンソニー・ブラクストンAnthony Braxton)、マリオン・ブラウンMarion Brown)、チコ・フリーマンChico Freeman)を始めとする多くの音楽家との共演の録音も残した。

外部リンク[編集]