ミミック (架空の生物)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミミック (Mimic) は、「真似る」「似せる」を意味する英単語であり、生物学における「擬態」を意味する。これにちなんで指すロールプレイングゲーム(以下、「RPG」)の世界に登場する怪物(モンスター)を、本項では記述する。

概要[編集]

他のものに姿を変える能力を持つ「シェイプシフター」 (Shapeshifter) と総称される怪物の一種[1]宝箱そっくりの姿をしており、ダンジョン廃墟の中で数々の難関を乗り越えた冒険者が見つけて宝箱の中の財宝を手に入れるべく開けようとすると、箱の口が牙だらけの口と化して襲いかかり、冒険者は手痛いダメージを受けるというものである[1]。RPGに登場する怪物の中でも比較的新しいものらしく、神話民間伝承での存在は確認されていない[1]

実際に宝箱そっくりの外見なのか、別の外見を持つものが宝箱の姿に擬態しているのかは不明だが、日本コンピュータRPGドラゴンクエストシリーズ』では宝箱に擬態するものと解釈されている[2]

宝箱が本物の宝箱かミミックかを見分ける方法として、特に有効なものはない[3]。距離を置いて攻撃することで見分ける方法も考えられるが、本物の宝箱であった場合は肝心の中身が壊れてしまうことがあり得るうえ、宝箱にが仕掛けられていた場合はそれが発動する可能性もあるため、有効とは言いがたい[1]

前述の『ドラゴンクエストシリーズ』以外にも『ウルティマシリーズ』『ダンジョンシージ』など、数々の作品に登場している。『ファイナルファンタジーシリーズ』では数種に体系化されており、魔法を使うものも存在する。似たものには、コンピュータRPG『ローグ』で宝箱やアイテムに擬態する怪物「ゼロック」がある[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 村山誠一郎 『新説RPG幻想事典 剣と魔法の博物誌 モンスター編』2、ソフトバンククリエイティブ2009年、14-17頁。ISBN 978-4-7973-5248-1
  2. ^ 上林祐 『知っておきたい謎・奇妙・不思議ないきもの』 西東社〈なるほど!BOOK〉、2009年、77頁。ISBN 978-4-7916-1674-9
  3. ^ ただし、『ドラゴンクエストシリーズ』では呪文「インパス」を唱えた時における、宝箱の光の色で判別できる。