ミハイロ・オブレノヴィッチ3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミハイロ・オブレノヴィッチ3世
Михаило Обреновић III
セルビア
Mihailo Obrenović III.jpg
ミハイロ・オブレノヴィッチ3世
在位 1839年7月8日1842年9月14日
1860年9月26日1868年6月10日
出生 1823年9月16日
Flag of the Ottoman Empire (1453-1517).svg オスマン帝国
Civil Flag of Serbia.svg セルビア公国クラグイェヴァツ
死去 1868年6月10日(満44歳没)
Flag of the Ottoman Empire.svg オスマン帝国
Civil Flag of Serbia.svg セルビア公国ベオグラード
埋葬 Civil Flag of Serbia.svg セルビア公国ベオグラード天使首ミハイル大聖堂
配偶者 ユーリア・フニャディ・ド・ケーテリ
王家 オブレノヴィッチ家
父親 ミロシュ・オブレノヴィッチ1世
母親 リュビカ・ヴコマノヴィッチ
宗教 キリスト教正教会
テンプレートを表示

ミハイロ・オブレノヴィッチ3世セルビア語: Михаило Обреновић III1823年9月16日ユリウス暦9月4日) - 1868年6月10日ユリウス暦5月29日))は、セルビア公(在位:1839年 - 1842年1860年 - 1868年)。オスマン帝国に対抗してバルカン連邦構想を唱道した。近代セルビア随一の明君として評価されている[1]

生涯[編集]

生い立ちと即位[編集]

セルビア公ミロシュ・オブレノヴィッチ1世とリュビカ・ヴコマノヴィッチ(Ljubica Vukomanović、1788年 - 1843年、ウィーン)との間の次男としてクラグイェヴァツで生まれた。

1839年6月25日にミロシュ・オブレノヴィッチ1世は長男のミランに譲位したが、この時ミランは病床にあった。ミランは間もなく死去し、ミハイロが即位した。

1842年、トマ・ヴチッチ=ペリシッチ(Toma Vučić-Perišić)の率いる反乱によってミハイロは廃位され、カラジョルジェヴィチ家アレクサンダルが新たなセルビア公となった。11年後、ミハイロは、フェレンツ・フニャディ・ド・ケーテリ伯爵(Ferenc Hunyady de Kéthely)とユーリア・ジチー・ド・ジフ・エ・ヴァーソンケー伯爵夫人(Júlia Zichy de Zich et Vásonkeő)との間の娘であるユーリア・フニャディ・ド・ケーテリ伯爵令嬢(Júlia Hunyady de Kéthely、1831年8月26日 - 1919年2月19日)と結婚した。2人の間に子はなかったが、ミハイロには妾との間に儲けた庶子が少なくとも1人いるとされている。

復位と暗殺[編集]

ベオグラード共和国広場にあるミハイロ公の騎馬像

1858年に復位していた父のミロシュ・オブレノヴィッチ1世が1860年9月に死去すると、ミハイロはセルビア公に復位し、向こう8年間啓蒙専制君主のごとく統治した。

ミハイロはユーリア妃と離婚して、従姉のアンカ・オブレノヴィッチ(Anka Obrenović)の娘である妾のカタリナ・コンスタンティノヴィッチ(Katarina Konstantinović)と再婚したいと考えるようになり、両者を宮廷に招いて住まわせた。ユーリアと離婚してカタリナと再婚するというミハイロの考えは政治家や聖職者はもとより一般大衆の猛反対を受け、イリア・ガラシャニン首相は離婚に反対する意思を表明して1867年に辞任した。このような不測の事態を受け、結局、ミハイロはユーリアと離婚することはなかった。

1868年6月10日、ミハイロはベオグラード郊外の離宮にほど近いコシュトニャク公園(Košutnjak)をカタリナとアンカとともに散歩しているところを暗殺者によって狙撃された[1]。ミハイロとアンカはともに死亡し、カタリナは負傷したが、暗殺の陰謀の全貌は明らかになっていない。カラジョルジェヴィッチ家に黒幕の疑いがかけられもしたが、これを裏付ける十分な証拠はなかった。

アンカの孫娘のナタリヤ・コンスタンティノヴィッチ(Natalija Konstantinović)は、セルビア国王ペータル1世の妃となったゾルカを姉にもつモンテネグロ王子ミルコ・ペトロヴィッチ=ニェゴシュ(1879年 - 1918年)と結婚した。

脚注[編集]

  1. ^ Encyclopaedia Britannica - Michael III
  1. ^ Celia Hawkesworth, Voices in the Shadows: Women and Verbal Art in Serbia and Bosnia, Google Books, 2000, retrieved 16 June 2010